SEOを活用してビックワードを検索上位に表示する方法を教えます!




こんにちわー!SEOを活用して集客力をアップさせることが得意なコバヤシです。
SEOの醍醐味といえば、ビックワード検索上位でしょう。

しかしビックワードで検索上位表示させるには、基礎的なSEO対策をしていては難しいです。
理由はビックワードには総合サイトが多く存在するからです!アフィリエイト市場では多くの企業がリスティング広告にお金を投資して検索上位を狙っています。

多くの人がSEO対策やリスティング広告に投資している中で、どうやって自分の記事を検索上位に表示させれば良いのか!?

簡単です。コンテンツ内容です。全てはコンテンツ内容次第です。



Googleの上位表示の仕組み

検索エンジンでは検索したユーザーの疑問を解決するコンテンツ内容を上位表示したいと考えています。
web上にあるサイトの多くがSEO対策が出来ておらずGoogleロボットからすると[このページ何と書いてあるか分からないから評価が出来ない]この状態になっています。

これも良く勘違いしている人がいるが、検索上位に表示されてる記事は長文のコンテンツが多いので[文字数が多ければ検索結果が上がる]と思っている方です。

一見文字数が多ければ確かに時間をかけて作った良いサイトだなと良い印象を受けます。
しかし検索するのは、あくまでロボットです。はっきり言って文字数と検索結果は関係ありません。

ページの文字数は最低1000文字ー2000文字にしないと評価されない。だから実際2000文字に増やしたら検索結果が上がった。こんな声を良く聞きますが、文字数を増やしたから順位があがったのではなく情報を追加して書きよりユーザーのためになるコンテンツ内容になったから順位が上がったのです。

大げさに言えば内容のあるコンテンツなら数百文字でも検索トップに表示される可能性があります。

ユーザーの疑問を解決するコンテンツ

では、ユーザーの疑問を解決するコンテンツとはどんなものなのか?
ここではビックワードでユーザーの疑問を解決するコンテンツを書いていきます。

アフィリエイトをやっている人なら[SEO]と検索する場合[SEOの最新情報を知りたい][SEO対策のやり方を知りたい]など目的が決まっていますよね?

しかし一般的にSEOってなに?という人が大半だと思います。多くのユーザーの疑問を解決出来るコンテンツとしては、以下のようなコンテンツが該当します。

多くのユーザーの疑問を解決出来るコンテンツ

SEOとは?

  • SEOのメリット
  • SEOのデメリット
  • 検索エンジンの仕組みや事業について
  • 最適化が必要な理由

成果を出すための具体的なSEO

  • 内部対策
  • 外部対策
  • 評価されるコンテンツ

これまでのSEO業者の取り組み

これからのSEOのあり方

SEOに有効なツール

SEOサービスの種類

  • 外部リンクを用いたSEO
  • コンテンツSEO
  • ホワイトハットSEO

このように様々なユーザーに該当するキーワードを説明するコンテンツを網羅することがユーザーの疑問を解決するコンテンツになります。

ライバル達より検索上位表示させるためにやる事

自分達狙うキーワードはどこまでの要素を盛り込めばいいの?
その判断基準は上位トップ5のサイトを見て下記の競合調査を行いましょう。

ライバルサイトの調査する項目
  • 上位表示ページトップ5の文字数
  • 上位表示サイトのコンテンツ内容
  • 上位表示サイトの更新頻度
  • 該当キーワードに関する総ページ数
  • 上位表示サイトの全見出しタグ
  • これら5つの項目を調査して、総合的に上回るっていれば上位表示出来る可能性があります。
    ビックワードで上位表示させるには基礎的なSEOは勿論出来ていないと絶対に駄目ですし、ライバルサイトを上回るコンテンツ内容が必要になります。

    またライバルサイトは随時コンテンツをプラッシュアップ[さらに磨きをかける]をしてくる可能性が高いので、ビックワードのライバルサイトの調査を定期的に行い、負けないコンテンツを常に作っていきましょう!

    ビックワードで上位表示させるだけでも十分凄いことだが、そこで記事を放置してしまうとライバルサイトにドンドン抜かされる事になります。

    ビックワードの場合は常にリライト更新していく必要があります。






    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です