検索エンジンを欺くブラックハットSEOとは?




SEOには[ブラックハットSEO]ホワイトハットSEO二つのSEOがあることを知っていますか?

同じSEOでも内容と検索エンジンの評価が180度異なるので[ブラックハットSEO] とホワイトハットSEOをしっかり理解して正しいSEOを使いましょう!!


ブラックハットSEOとホワイトハットSEOの違い

Googleは[Webマスター向けガイドライン]と言うGoogleの水準となるガイドラインを発表しています。

ガイドラインにはGoogleでやってはいけない事が記載されていて、ガイドラインに沿って行っていることをホワイトハットSEOと言い、ガイドラインに違反している事をブラックハットSEOと言います。

ユーザーのためになる事を基準としたガイドラインなので、当然ユーザーの悩みを解決出来る記事を発信していればGoogleに認められ検索上位に入る事が出来ます。

しかしブラックハットSEOはサイトの出来が悪くてもGoogleを欺いて検索上位に表示させてしまいます。

ブラックハットSEO

これらの行為はブラックハットSEOに当てはまります。
Googleからペナルティーを受けたり、サイトが消滅したりします。当てはまるものが一つでもあればすぐにやめましょう。

  • 不正な外部リンク
  • 特定のキーワードの順位を上げるため、故意に外部リンクを獲得する策です。
    ユーザーが自然につけてくれたナチュラルリンクなら問題ありません。問題なのは順位をSEO業者に依頼して[順位を上げる為だけに作られた不自然な外部リンクを故意に貼ることです。

  • 不正なリダイレクト
  • ユーザーが意図した別のページへ、強制的に転送するようなリダイレクトはスパム行為です。

  • コンテンツの自動再生
  • プログラムによって、特定のキーワードが散りばめられたコンテンツを自動再生する行為です。誘導ページ自体は、上位表示したいキーワードが盛り込まれただけの価値のない内容になっています。

  • コンテンツの無断複製や、オリジナル内容のないコンテンツの作成
  • コンテンツ自動再生に近いのですが、ほかのサイトのコンテンツを無断で複製したり、どこにでもありふれた内容をただまとめただけの[オリジナルのないコンテンツの作成]です

    スパム行為とは
    インターネット上で行われる迷惑行為です。
    元々は迷惑メールの意味で使われていたが、近年ではブラックハットSEOでも使われています。

    最後に

    ブラックSEOが世界的に蔓延していた時代はGoogleの規制が緩くスパム行為をやってもごまかせる時代でした。しかし現代ではグローバル化が発達し、スパム対策が強化されブラックハットSEOは[必ずバレる]時代になり、ほとんど人がホワイトハットSEOを使うようになりました。

    ブラックハットSEOはもう通用しない時代になっています。
    検索上位表示したいならオリジナルコンテンツを作成して[ユーザーに価値のある内容]を届けることを意識してコンテンツを作りましょう!!






    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です