SEOとコンテンツマーケティングの関係性




SEOコンテンツマーケティングの違いが分からず混合しているのに人を良く見かけます。
自身のブログを検索上位に表示させ見てくれたユーザーをファンにさせる為にはSEOコンテンツマーケティングの関係性を正しく理解することが非常に重要です。



ここではSEOコンテンツマーケティングの意味を正しく理解して、その関係性を記載してあります!!

コンテンツマーケティングとは

まずはSEOを理解していない人はこちらから読みましょう。

コンテンツマーケティングを分かりやすく説明すると、自社の見込み客に価値のあるコンテンツを定期的に提供することで自社のファンになってもらう手法です。
コンテンツマーケティングのやり方は様々でブログを使って商品を紹介したり、動画を使って紹介したりとやり方は様々で、共通している事が価値のあるコンテンツを紹介していることです。

実はコンテンツマーケティングは前から使われてきた手法でしたが、どうして近年メディアに取り上げられる手法になったかと言うと、インターネットの普及化が理由です。
インターネットが発展してない時代では企業側から広告を発信する手法が有効でしたがインターネットが普及した近年では、ユーザーが欲しい情報を自分から取れるようになり、さらに情報を発信出来る時代になったからです。

企業側の広告がユーザーにマッチしていないと嫌がられる事も多くなりました。
ユーザーが自分で情報を取れる様になったので、Web上に価値のあるコンテンツを置いておく事でより自然に見込み客と接する事が出来るのです。

近年ではユーザーからの発見が多くなり購買の流れこんな風になりました。
[発見]→[関係]→[確認]→[購入]→[体験]

この様にインターネットが普及してきて購買行動も変化してきて、より高いコンテンツを求められる様になりました。

コンテンツマーケティングの役割

コンテンツマーケティングで出来ることを考えると大きく3つに分けられます。

    見込み客を集めて来る

ユーザーの課題を解決するようなコラム記事やブログ記事がこれにあたります。

    購入しようか迷っている人に後押し出来る

商品の活用方法を動画やブログで紹介して購入への背中を後押ししてくれる様なコンテンツです。

    客のファン化

購入した商品、サービスの使い方などをメルマガや専用のサイトで発信するなどです。

コンテンツマーケティングとSEOの関係性

最近ではSEO目的でコンテンツマーケティングを行う人が増えています。
確かにコンテンツを作ることで今まで露出していなかったキーワードからの流入があったりサイト全体の評価アップに繋がります。
しかしコンテンツを作れば全て検索上位になると思っている人は注意が必要です。

特にビックワードについては競争が激しいので2つ3つコンテンツを作った所で上位表示させることは難しいでしょう。
またSEOにとらわれすぎたコンテンツマーケティングを行なって結果が出なかったと言う声をたまに聞きます。

コンテンツマーケティングを行うそもそもの目的を間違えないようにしましょう!






関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です