SEOとライティングの関係性




どーもこんにちはー!
SEOで集客力アップさせるプロのコバヤシですー笑
SEOとライティング[コンテンツを検索エンジンに評価されるよう整える]との関係性について説明します。

最近では検索上位に表示されているほとんどのサイトが長文のテキストな事に気づいていますか??
SEOにとって長文のテキストはどのような影響を与えるのか?

また検索エンジンから評価されるコンテンツはどのようなものなのか?
この記事では上記の疑問を解決出来るよう考えました。毎日ブログを更新しても結果に繋がらない人は是非参考にすると良いでしょう。

記事は4分程で読み終わります。

テキスト量で検索順位は変わるのか?

皆さんからよく聞く声なんですが[ページのテキスト量で検索順位は変わるの?][ページのテキスト量は何文字がベストなの?]と言う声を良く聞きます。

確かに最近では検索上位にあるサイトのテキスト量は5000〜10000文字くらい書いてあるからサイトが多いです。

確かにそれだけ見ればテキスト量を増やせば検索結果に影響するんだ!と思う人がほとんどかと思います。その答えはのNOです。

では何故テキスト量の多いサイトが検索エンジンに評価されているのかをみていきましょう!!



テキスト量ではなく情報の網羅性が評価のポイント

検索エンジンはユーザーの役に立つコンテンツを一番に評価します。その為テキスト量の多いサイトでも内容のない当たり前のことしか書いていないサイトは全く評価されません。

ゴミ記事を量産してもそれは資産にはならずゴミが増えるだけと言う事です。

テキスト量が多いから評価されるではなくて網羅性が高いから評価されると言う事になります。このページにいけばユーザーの疑問を解決してくれるな!とGoogleに思わせることで検索結果がグングン上がっていくんです。

逆にテキスト量が少なくてもユーザーの疑問を解決出来るコンテンツが記載してあれば検索上位に表示される事も全然あります。

良く1000文字から2000文字にテキスト量を増やしたら検索順位が上がります。など書かれているサイトもありますが、確かに間違いではありません。ただ勘違いしないようにしてください!!

テキスト量を増やしたから順位が上がったのではなく、テキスト量を増やした事でコンテンツ内容が深まり記事の内容が良くなったから評価に繋がったと言うことだ。

大事なことはテキスト量ではなく、ユーザーにとって大事だと思う情報を網羅してライティングしていく事が大事です。

検索エンジンから評価されるライティング

まず記事を書く前にターゲットを明確にする。

ターゲットを決めないで、色んな人をターゲットにして書くと途中自分は誰に何が言いたいのか??
記事の途中で迷子になってしまいます。実際コバヤシもそうなってゴミ記事を量産してしまった過去を持っています笑

年配向けの記事と若い人向けの記事では、文章の構成から全てずれてきます。
結局ターゲットを決めずに記事を書き出すと、迷子になってしまうし誰の関心もひけない記事になってしまいGoogleからは評価されません。

ライバルサイトと比較して負けないライティングをする

SEOとは難しいようで本質は非常にシンプルです。ライバルサイトより上位表示させたければGoogleガイドラインに沿ってライバル達よりユーザーの疑問を解決出来る良いコンテンツを作れば良いだけです。

[そんなこと知ってるけどそこが難しいだよ!!]って話になりますよね笑

まず記事を書く前に、書こうとしてるキーワードを実際にググって上位サイトのコンテンツ内容を見てみる。

  • 上位表示ページトップ5の文字数
  • 上位表示サイトのコンテンツ要素
  • 上位表示サイトの更新頻度
  • 上位表示サイトの全見出しタグ
この五項目をチェックし勝てそうだと思ったらそこに全力を注ぎましょう!!
逆に勝てなそうな場合はゴミ記事を量産してもしょうがないのでそのジャンルは書くことをやめましょう。



ユーザーに記事を読んでもらうハードルを下げる

素晴らしいコンテンツを作っても誰にも見てもらえなければ、意味がないし拡散もされません。
そこでユーザーに記事を読んでもらいやすくする方法八つを紹介します。

 

  • 記事の冒頭に読み終わるまでの時間を記載する
  • 敵宣改ページを入れる
  • 敵宣改行ページを入れる
  • 漢字の使用率に注意する
  • 専門用語など難しい言葉を使わない
  • 画像やイラストを敵宣挿入する
  • 重要なポイントを太文字にするなど、文字の着飾りする
  • 問いかけなど、ユーザーに共感してもらえる文章を入れる

まとめ

記事を量産すれば検索エンジンの評価が上がった昔の時代と現代では全然違います。
今はユーザーのためになる記事しか評価されないのが常識の時代です。

 
そんな常識もグローバル化が進んだおかげでコロコロ変わります。だれが変えているのかと言うと世の中にゴロゴロいる権力者達です。例を出すと大企業の社長などです。

まずはそのことを知らないとこれからの時代あなたは負け組になってしまいます。
日々変わっているその常識を自分で調べて考えて、その時の常識にあったビジネスを展開していく人がこれからの時代の勝ち組になれる人間です。




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です