たくさん寝ているのに疲れが取れない。身体がだるい。その原因はなに?




こんにちは!コバです!

 

  • たくさん寝てるのに疲れが取れないし身体がだるい
  • 目の疲労や頭痛に悩まされている
  • 常に体調が優れない

 

上記の悩みを抱えている人は多いと思います。

 

記事の内容

  • 疲れが取れない3つの原因を解説
  • 疲れにくい身体を作る3つの方法

 

上記にフォーカスしていきます。社会人になると日々ストレスと隣合わせですが、考え方1つで解決出来るのが人間です。

記事は4分程で読み終わります。

 



疲れが取れない原因はなに?

 

疲れが取れない3つの原因が下記です。

 

  • 睡眠の質が悪い
  • スマホ依存からくる目や頭の疲労
  • 片寄った食事+運動不足

 

上記の通りです。それぞれ解説していきます。

 

睡眠の質が悪い

一般的に一日6〜8時間くらいの睡眠が良いとされています。しかし!6〜8時間寝てもぐっすり寝た気がしないんですけど!!って人かなり多いと思います。

 

厚生労働省が調査した結果、現代人の2割がグッスリ眠れていない事が分かっています。

 

この事から6〜8時間横になっていても「実際寝ている時間はさらに少ない」ことが分かります。つまりしっかり寝ているようで実は寝不足状態なんです。

深い睡眠が得られない原因は下記が考えられます。

 

  • スマホのブルーライト
  • 過度なストレス
  • 過度なアルコール摂取

 

僕の経験からするとこの3つが1番の原因かと思います。

特にスマホ社会なので寝る前にYouTubeを何時間も見てしまう。なんてことあると思います。ブルーラインは睡眠にとって最大の敵なんですよ。

 

スマホ依存から来る目や頭の疲労

現代はスマホ社会で、どこを見渡してもスマホをいじっている人を見かけますね。

小学生なんかも持っているのが普通になってきています。しかしこの「スマホ依存」は身体に最悪な影響があるんです。

 

  • スマホを長時間使い目がドライアイになる。慢性的な頭痛が起きる
  • 睡眠障害が起きる
  • 姿勢が悪くなり精神的にも不安定になる

 

これは僕が思い浮かぶ例を並べただけで、他にも数え切れないほど有害があります。

現代人が「疲れやすい」理由の7割がスマホ依存から来るものではないかと個人的に思っています。

 

※僕もその内の一人です笑

 

過度なアルコール摂取

過度なアルコールが人体には悪いことは誰もが知っていますね。

それだけではなく、過度なアルコール摂取は「睡眠バランスを崩す」ので睡眠障害を引き起こします。

 

そして朝は二日酔い。朝食も食べられないフラフラな状態で出勤。これでは身体を虐めているのと同じで当たり前のように疲れやすい身体になります。

 

疲れにくい身体の作り方


疲れにくい身体の作り方は下記の3つです。

 

  • 良質な睡眠を心がける
  • スマホ依存から抜け出す
  • バランスの良い食事+運動をする

 

僕はこの3つのを徹底する事で、疲れにくい身体を作れました。

 

良質な睡眠を心掛ける

深い睡眠が1番の回復剤です。深い睡眠を取る為にやることは下記です。

 

  • 寝る2時間前はスマホをいじらないorスマホ画面を暗くする
  • 次の日の不安を作らない
  • 湯船にしっかりと浸かる
  • 寝る前にストレッチを行う

 

上記の通りです。この中でも重要なことは「寝る2時間前はスマホをいじらない」です。スマホから出るブルーライトは睡眠障害を引き起こすガンです。

どうしてもいじる必要があるなら、画面を極力暗くして使用しましょう。

 

次の日に不安があると「心臓がドキドキ」してしまい眠れなくなります。出来るだけ不安要素は寝る前に消しましょう。

寝るときは「寝ることだけに!」集中しましょう。

 

スマホ依存から抜け出す

実は僕もスマホ依存の一人です。現代ではスマホ1つで何でも出来ちゃうので暇な時間などツイツイ手がいきますよね。

そして慢性的な頭痛を引き起こしてしまいます。

 

そこで僕が実践実践している「スマホ依存」を抜け出す方法が下記です。※スマホ依存は克服しておらず現在実施中です。

 

  • 運転中や移動中はカバンにしまい使えなくする
  • 家では別の部屋にスマホを置き着信音だけ聞こえるようにしている
  • 画面の明かりは極力暗くする

 

上記の3つです。えっこれだけ?と思われるかもしれませんが、これをするだけでスマホ使用は激減しました。

特に家にいる時は別の部屋にスマホを置く。これやると本当使用頻度減るのでおすすめですよ。

最初は使いたくなりますが、すぐに慣れます。

 

バランス良く食事を取る+運動をする

疲れにくい身体を作るには、バランスの取れた食事と運動が大切です。

 

  • 1日3食しっかり食べる
  • 運動をして血流をよくする

 

1日3食しっかり食べることで、1日に必要なエネルギーを摂取でき疲れにくい身体になってきます。

また生活リズムも整い自立神経(精神的)も安定して気持ちに余裕ができます。

 

適度な運動をすることで血流が良くなり、凝り固まった「肩こり」「ストレス」などが吹っ飛び、気持ち的にも肉体的にも楽になります。

プロテインって効果あるの?いつ飲めば良いの?おすすめのプロテインを知りたい。[全て答えます]

2020年2月3日

 

記事のまとめ


記事のまとめ

  • 疲れが取れない原因

睡眠の質が悪い/スマホの使いすぎから来る目や頭の疲労/食生活or運動不足。

  • 疲れない身体の作り方

良質な睡眠を取る/スマホ依存から抜け出す/バランスの良い食事を取り、運動をする。

 

社会人になると生活が不規則になり、身体が疲れやすくなってしまいます。

ここで一度自分の身体をリセットして疲れにくい身体を作りましょう。

 

今回はここまで。

 




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です