「悲しい」自分と他人を比べてしまう「他人と比較しても無意味です」




こんにちは。コバです。

人は「自分と他人を比べてしまう」癖が誰にもあると思います。僕もその1人でした。しかし「自分と他人を比べても、落ちこんでモチベが下がる」だけです。

なのに、なぜ比較してしまうのか?人には「競争心」があるからです。「あいつには負けたくない」そして比べる度に劣っている事を知り落ち込む。

 

この「競争心」を自分の中から捨て「過去の自分と比較」することが出来れば常にモチベは上がり、気持ちがスーッと楽になり良いパフォーマンスを発揮できます。

つまり「自分と他人を比較する」この行為こそ自分の成長を止め、物事の本質を見失う癌なのです。

 



他人と自分を比較しても無意味です


 

他人と自分を比較しても、その人を超えることは出来ません。

さらに言うと、物事の本質を見失います。

 

他人と比較すると、比較した人の真似をしてしまう

例えば貴方がスポーツをやっていて絶対負けたくない友達がいるとします。

そうなると貴方はその友達を意識するようになるでしょう「あいつが練習してるなら負けない為に俺もやらないと」大げさに言うとこんな感じ。

 

それを続けてしまうと「貴方は友達が練習しているから、自分もやる」って思考になってくるんです。結果的に友達がやっている練習を真似するようになってきます。

 

  • 他人の練習を真似してしまう→その人について行く形になる=絶対に超えられない
  • 他人と比較しない→自分のやり方をを編み出す=勇逸無二の存在になれる

 

上記の通りで、絶対負けたくない相手と比較する=後ろをついて行く形になるので絶対に超えることは出来ません。

絶対負けたくない相手に勝つには、比較しないで自分のやり方で勇逸無二の存在にならなければいけない。

 

他人と比較すると、気持ちが焦り本質が分からなくなる

僕が思うに「良い意味でのマイペース」が1番自分にストレスを与えず成果に繋がると思っています。

「良い意味でのマイペース」とは、自分がこうなりたい!と決めたらそれに向かって自分の考えた進め方、ペースで進んでいくことです。良い意味でのマイペースで物事を進めていくと「自分が成長していく過程を純粋に楽しめます」

 

しかし、他人と比較してしまうと「なんでこんなに差が出るんだ」「自分にはセンスがないのか?」と邪念ばかり浮かんできます。

最後には「最初は楽しんでやっていたことも、比較対象者について行く為に嫌々やっている」という状態に変わっていきます。

過去の自分と常に比較していくことが大切


 

常に過去の自分と比較することが出来れば、高い成果を発揮出来ます。

  • 成長度合いが明確になり、高いモチベが保てる
  • 物事の本質を常に理解出来る

上記の通りです。それぞれ説明していきます。

 

成長度合いが明確になり、高いモチベが保てる

高いモチベを保つには「自分が成長している証拠」が欲しいです。

そこで有効な方法は「3ヶ月前の自分と比較してみる」ということです。

  • 3ヶ月前の僕→1記事書くのに3時間かかっていた。すごく消耗
  • 現在の僕→1記事書くのに2時間前後で書ける。そんなに消耗しない

こんな感じです。

目に見えて成長が分かります=モチベが上がるです。

 

さらに言うと、文章にすると具現化されより効果抜群です。例えば、日記やブログ作り「その日出来たこと、これからの目標」これらを毎日書き続けることで、見返した後自分の成長度合いが具現化されます。

人は自分の頭だけで記憶すると、時間が経つにつれその記憶は薄い物になってしまいます。

 

物事の本質を常に理解できる

物事の本質とは「自分がなぜこのスポーツをやっているのか?」ということです。

勿論楽しいから続けている訳であり、やりたくない事をボランティアで続ける人はいません。

しかし、記事前半で説明したが「他人と比べるとことにより、本質が分からなくなってしまう」最初は楽しんでやっていたのに、他人の成長を気にしすぎて自分のやりたいことができなくなってしまいます。

 

比べると対象者を「過去の自分」一点にすれば、自分の世界感で常に成長を感じ楽しさ=本質を理解できます。心から楽しめるという事です。

結論:他人と比較することは無意味です


 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

そろそろ最後にします。

 

他人と自分を比較しても、良いことは何もありません。自信を失い、本質を見失い、気持ちが焦る。

比較する対象を過去の自分にすれば、自信が湧き、本質を理解でき、高い成果が出せます。

 

現在、誰かと比較して気持ちが焦っている人は一度辞めて「過去の自分と比較する事」これを意識してみましょう。

今回はここまでにします。




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です