歳を取るにつれ、時間を早く感じる理由 [思考停止の日常が原因]




こんにちは!コバです!

「社会人になってから、昔に比べて時間を早く感じるんだよなぁ〜」「昔のように長く時間を感じる方法はないのか?」

このような疑問ありませんか?

多分社会人の大半が「過去より時間の流れが早い」と感じています。

 

記事の内容

  • 歳を取ると時間を早く感じる理由
  • 時間を昔のように長く感じる方法

 

上記にフォーカスしていきます。

結論から言うと、「時間が早く感じる=頭を使っていないから」です。

 



歳を取るにつれ、時間を長く感じる理由


時間を長く感じる理由は「思考停止」が原因です。

 

思考停止の日常が原因

毎日の会社と家の往復や、同じルーティーン。社会人になると行動パターンが決まってきますよね。

会社に行けば毎日同じ仕事を黙々とこなす生活。まさに思考停止状態と言えます。

 

時間を早く感じさせる原因はそこなんです。

小学生の6年間って凄く長く感じませんでした??僕は長かった記憶があります。理由は「学ぶことが沢山あるから」です。

まだ無知な歳ですから、やること全て新しい事って感じで脳への刺激が半端じゃないです。

新しい事を学ぶ、挑戦する=時間を長く感じる。昔は時間を長く感じた理由です。

 

社会人になると「毎日同じルーティーン」になり学ぶこと、挑戦する事が減ります。だから時間を早く感じてしまうんです。

 

挑戦している人は、歳を取っても時間を長く感じている

挑戦している人とは、ここでは経営者を例にします。

 

  • 会社員

毎日同じ仕事を黙々とこなす

  • 経営者

常に企業拡大のために、学びや挑戦をしている

 

なんか会社員をディスる感じでもすみません。しかし事実です。

経営者って常に「学びや挑戦」を繰り返してます。そうやって会社に変化を付けないと生き残れないからです。

そういった人は学びが多いので「時間を長く感じる」ことが多いです。

 

これからは個人で稼ぐ時代です[会社員は危機感を持つこと]

2019年12月26日

頭を使わないと、思考能力が低下する

頭も身体と同じで、歳を取るにつれ衰えてきます。毎日同じことの繰り返しで、思考停止状態が続くと頭は確実に衰えてきます。

逆に身体と同じで、鍛える事も可能です。

 

思考停止の生活から、緊張感のある生活、学びのある生活に変えれば脳は確実に向上していきます。

それは若ければ若いほど効果的です。

 

時間を早く感じる人は、生活を変えるべき


時間を早く感じるなら、原因である会社員をやめましょう。と言いたいところですが、それは厳しいですよね笑

仕事以外の所で変化を起こせば「時間の感じ方」が変わってきます。

 

読者で得られる効果は凄いです

まず思考停止から抜け出すのに最適な方法は「読書」と断言します。

読書から得られる効果は多くあります。

 

  • 思考能力向上
  • ストレス軽減
  • 認知症予防
  • コミニケーション能力向上

 

ザックリ上記の効果が得られます。自分が読んでいて面白い!と思える本を読んでこの効果を得られるのは一石4鳥ですね笑

 

トレーニングもオススメ

毎日会社での重労働、、、終わった頃には頭がポーっとして「思考が回らない」なんてことありますよね。

長時間座りながらのデスクワークなどは、目や頭に悪影響を与えます。

そんな状態では「新しい事を学ぼう」などという意欲が湧いてきません。

 

そんな時は軽いトレーニングをすると頭がリフレッシュして良いです!

日常的にトレーニングを行うことで、脳を高い状態に持っていけるので「新しい事を学びたい」という意欲に繋がり、結果時間を長く感じることができます。

 

時間を早く感じる理由は、考える量が減っているからです


ここまで読んでくれてありがとうございます。

そろそろ最後にします。

 

結論は、時間を早く感じる人は考える量が減っているからです。子供のころは無知で、毎日が学び。だから時間が長いんです。

1番大事なことは「常に学ぶ努力をし、挑戦し続ける」ことです。毎日の同じルーティーンの中、一部変化を付けたりして努力してください。

 

結果的に、人生が楽しくなりやりがいを感じるようになって来ますよ。




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です