[RIZIN] 朴光哲が進退を懸け朝倉未来に挑む。KIDの魂を受け継ぐ男が朝倉戦に命を賭ける!




朝倉未来VSダニエル.サラスの試合後「朴光哲(ぼくこうてつ)」がリングに上がり、挑戦状を叩きつけました。

 

リング上で朝倉未来が対戦を受け入れ、正式に試合が決まりました!

 

 

 

ところで「朴光哲って誰?」「どんな選手なの」と疑問を持つ人は多いと思います。

この記事では、そんな疑問を全て解決できます。

朴光哲の過去〜現在に至るまでの「経歴」「戦績」を徹底的に調査してあります。

 

記事の内容

  • 朴光哲の経歴
  • 師匠 山本KID徳郁との出会い
  • 朴光哲の戦歴
  • 朝倉未来との試合。世間の声

 

この記事を読み終えた後は、朴光哲の人物像を理解して朝倉未来との試合を観戦出来るので、今まで以上に楽しめるようになります。

 



朴光哲の経歴

出典:http://mmaplanet.jp/54818

 

ここでは朴光哲の「幼少期」「格闘技を始めたキッカケ」「山本KID徳郁との出会い」を見ていきましょう!

 

朴光哲のプロフィール(wiki的)

  • 本名 朴光哲(韓国名 パク.グァンチョル)
  • 通称 KRAZY BEEの特攻仙人/チームKID特攻隊長/Mr.エルボー/NO FACE
  • 国籍 韓国
  • 生年月日 1977年5月27日(42歳)
  • 出身 日本/静岡県
  • 所属 KRAZY BEE
  • 身長175cm/体重66kg
  • 階級 フェザー級
  • バックボーン ボクシング.修斗

 

 

朴光哲は在日韓国人として群馬県で生まれました。両親と2人の兄、双子の姉妹7人兄弟で育ちました。

兄と喧嘩が絶えずそのストレスを学校に向けていたという笑 学校からは頻繁に呼び出されていた。いわゆる問題児です笑

 

朴光哲はストレス解消に18の頃ボクシングを始めました。3年間続けプロにはならずアマチュアで活動していました。

 

山本KID徳郁との出会い

朴光哲は山本KIDの一番弟子で、KIDと共にクレイジビーを立ち上げた非常深い関係です。

しかし元々は敵同士の関係でした。

 

当時、KIDが修斗(総合格闘家団体)で「勝田哲夫」との試合でKOした後も執拗に殴り続けた試合がありました。KIDは4ヶ月のライセンス停止処分を受けた。

 

 

 

勝田のセコンドに付いていたのがなんと朴光哲だったんです!笑 その場は大激怒したそうです笑

しかし内心は「KIDのあまりの強さに憧れ」を抱いていたと語る。

そんな時に、たまたまKIDと遊んでいた場所で遭遇して「あの時はごめん」とKIDの方から謝ったと語る。

そこから仲良くなり「今度練習しに来なよ」とKIDから誘われ1番弟子になっていきました。

 

心の優しい朴光哲は、現在でも「クレイジービー」に所属して周りから絶大な信頼があります。

 



朴光哲の戦績

出典:https://mobile.twitter.com/search?q=朴光哲&src=typed_query&f=image

 

朴光哲はあまり知名度は高くないが、かなり強い選手です。

何故ならRIZINにも退けをとらないアジア最大級格闘技団体「ワンチャンピオンシップ」の世界ライト級元王者だからです。

実績なら「朝倉未来」より完全に上だが、朴光哲は現在41歳とピークを過ぎているんです。

 

修斗環太平洋ライト級王者

朴光哲は2005年に修斗ライト級トーナメント決勝で、アメリカ人選手「雷暗暴」判定勝ちを収めライト級王者を獲得しています。

 

 

 

 

この時点でめちゃくちゃ強くて実績を残しているんです!

 

ワンチャンピオンシップ王者

ワンチャンピオンシップってアジア最大級の格闘技団体で「RIZIN」にも引けを取らない団体なんです。

そのベルトを朴光哲は2012年に取っているんです!!これめっちゃ凄いことで、RIZINでチャンピオンになるようなもんです。

 

出典:http://mmaplanet.jp/82836

 

 

この時が朴光哲の現役ピークと思われます。

初防衛戦の相手は寝技世界一「青木真也」。試合内容は青木が終始圧倒し最後は一本負け。あっさりタイトルを失ってしまう。

 

その後は勝ったり負けたりを繰り返し、最近では3連敗と崖っぷちです。

年齢も41歳で完全にピークを過ぎていることから「朝倉未来」に勝つ可能性は低いと見られている。

 



朴光哲VS朝倉未来との試合。世間の声は!?

 

 

 

 

 

 

 

 

賛否両論の声が飛び回っていますが、僕的にはめっちゃ楽しみなカードです!!

長い間現役を続けてきた朴光哲が「負けたら引退」と公言しているので、余程の覚悟を持っていると感じます。

ひょっとすると朝倉を倒すんじゃないか!?と思わされます。

 

まとめ

 

最後に記事を分かりやすくまとめます。

 

 

  • 山本KID徳郁の1番弟子
  • 環太平洋ライト元級王者(修斗)
  • ワンチャンピオンシップ元ライト級王者
  • 実績は朴光哲の方が凄い。しかしピークを過ぎていて連敗中
  • 進退を賭けて朝倉未来とも一戦に望んでいる

 

 

どうでしたか?朴光哲のこれまでの「経歴」「活躍」が分かったと思います。

進退を賭け挑む試合。何かが起こりそうな予感がします。

 

[K-1] 3月22日K.FESTA3 見所な対戦カードまとめ [地上波決定]

2020年3月5日




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です