筋トレを持続させる方法




「テレビのあの人みたいな体になりたい!」「そろそろ夏になるからお腹を引き締めたい」と思ってる人は多いかと思います。しかし最初はやる気はあったものの段々と「今日は辞めて明日やろう、明後日やろう」とトレーニングを辞めてしまう人がほとんどだと思います。人間は楽な方に逃げる生き物なので当たり前なのです。
今回は筋トレを持続させるコツとそれによって起こるメリットを紹介します。

筋トレが持続出来ない理由

目的と目標が明確になっていない

筋肉はトレーニングをしてすぐ結果を得られるものじゃありません。長い期間を掛けてカッコ良い体が出来てくるものです。しかし目的や目標がなければゴールがどこにあるのか分からなくなり、ただ辛いトレーニングをこなす感覚になり挫折してしまうのです。

トレーニングをする前に自分は何故トレーニングをするのか目標は誰なのかを明白にしてから始めるとゴールが見えてトレーニング持続にも繋がります。

すぐに筋肉が付くと勘違いをしている

筋肉が付いてきたことが目に見えて分かるには数ヶ月最低掛かります。[正しいやり方で追い込む事ができる場合は別] その事実を筋トレを始める多くの人が分かっておらず、一ヶ月も筋トレしてるのに体型に変化が現れずモチベーションが下がり結果筋トレを辞めてしまうのです。

いきなり全力で筋トレを開始する

何かを機にやる気がでて初日から全力で筋トレを始めてしまう人は、長続きしない傾向にあります。何故なら毎日全力なんてアスリートだから継続出来ることで、サラリーマンの私達がそれをやるのは非常に困難です。

筋トレを持続させるコツ

目的と目標を明白にする

私の筋トレをする目的は[私服を着こなしたい] [モテたい] [カッコ良くなりたい]この三つです。大体の男性に当てはまるのではないでしょうか?筋トレを始める前に目的をまず決めましょう!
次に目標となるゴールをきめます。私の場合は格闘家の魔裟斗の様な体になるのが目標です。その為にはどのくらいのトレーニングをすれば良いのかを考えます。
最初は小さな目標をたて達成して行き目標を大きくしていけば良いでしょう。

3ヶ月で体の変化はやって来る

筋トレのやり方と追い込み方次第で体の変化は変わって来ますが、一般的には三ヶ月程掛かります。しかし自分の体は毎日見ているので変化が分からない人がたまにいます。
なので2週間毎に同じ時間同じ場所で写真をとりましょう。写真で見ると自分の変化が良くわかりモチベーションもあがります。
筋トレはやって行く内に習慣になり、筋トレをしないと何だか気持ち悪くなってきますよ笑 そこまで行けば筋トレの第一関門突破しています。

筋トレメニューをしっかりと組む

筋トレのやる気が入り、よし!やるぞ!と意気込んでもすぐがむしゃらに始めるのはやめましょう。そのやる気がなくなった時すぐに筋トレを辞めてしまいます。

まず自分が少し疲れるくらいのメニューをしっかりと作りましょう。筋トレメニューの作り方は別記にて紹介します。
そして回数や器具の重さを記録しましょう。記録する事で自分の限界値が分かってくるので回数や重さを調整していきます。

筋トレを持続する事で起きるメリット

シンプルな服が一番似合う様になる

ジーパンtシャツスタイルが似合う様になり自分に自信が持てる様になります。
そもそも筋肉が付いて良いスタイルなのだからシンプルな格好しないと勿体無いと思います[コバヤシだけですかね?笑]

体力の向上により疲れるにくい体になります。
睡眠の質も良くなり朝の目覚めも格段に良くなりますし、活力も上がり活動的になります。

最後に

筋トレが出来る環境を作ろう!出来ればジムでやれば一番良いのですがジムはちょっと気が引ける人もいると思います。家にある一部屋を筋トレスペースにして必要最低限のダンベルを購入できればある程度の筋トレは可能になります。

筋トレはとにかく持続しないと効果が出ませんので変わって行く変化を楽しみながら持続させて行きましょう!




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です