[喧嘩が強くなりたい人必見!]強烈なストレートの打ち方




後輩TY
今度〇〇と喧嘩するんだけど格闘技やってたよね〜?
コバヤシ
やってたけどどうかしたの〜?
後輩TY
負けたくないから強いパンチの打ち方教えてくれない?
名前
よ〜しわかっった!シンプルで一番強いストレートの打ち方を伝授してやる!

男なら誰しも一度は思った事があると思います、、、そう。喧嘩が強い男になりたい!社会人になって年を重ねた今からすると馬鹿馬鹿しい考えですけど、思いでしてみてください?自分が中学生高校生の頃一度は思ったことあるんじゃないですか?コバヤシは思っていました笑

男なら人生に一度[うわぁ〜自分よりデカくて勝てる気しねぇ〜でも逃げれる状況じゃねぇ〜]こんな状況になる事もあるかもしれません。

そんな時にコバヤシが伝授するストレートの打ち方を覚えていれば、自分より身体がでかい相手でも倒せるし、なにより自信が湧いてきます!習得して入れば男としての自信を持てるのでこれを機会に習得しましょう!

ちなみにコバヤシはキックボクシング歴3年です。





ストレートパンチってなに

ストレートパンチってなに??
相手に対して真っ直ぐに打つパンチ。一番シンプルで一番痛いやつだ!

パンチの威力を上げるには筋トレをしまくって筋肉を付ければ良い。格闘技未経験の人はそんな感じに思っているかもしれません。

その考えは7割間違いで3割正解です!

パンチ力の強さは身体の使い方、タイミング、距離が7割を締めます。残りの3割が筋力で7対3の割合です。たまに筋肉ムキムキで見るからに強そうな人でも案外パンチ力が弱いケースがあります。

理由は身体の使い方、タイミング、距離。これが出来ていないで筋力の3割しか発揮していないからです。

名前
だからガリガリのTYでも身体の使い方、タイミング、距離を覚えれば筋肉ムキムキな男達にも負けないんだよ!

後輩TY
なるほど!やる気出てきた!

強烈なストレートの打ち方

自分より大きな相手を倒すパンチの打ち方を教えます。またパンチ力をあげるために必要な筋肉を紹介します。

強烈なストレートの打ち方
  • パンチ力は全身の脱力から生まれる。
  • つま先→腰→肩甲骨の順に力を加えていく
  • 腕は付属品。強いパンチを打つには、腕の力を抜きインパクトの瞬間だけ拳を握る
  • 腕が伸びきる手前で当てると一番衝撃を与えられる



パンチは全身の脱力から生まれる

これすげー大事です。脱力していないと絶対強いパンチは打てません。
例えば野球のピッチャーに例えると、投げる前からガチガチに力を入れてると身体をスムーズに動かすことが出来ませんよね?結果絶対良い球を投げることが出来ません。

パンチとは一つ一つの動作で加速していき最後パンチを放つ瞬間、いかにトップスピードに持っていけるかが重要です。

強烈なパンチを打つにはとにかく脱力をすることを頭に入れておきましょう。

下から上に力を加え加速する

パンチ一発を放つにも全身を使います。良く素人のパンチを見ると身体全体に力を入れて腕だけで力任せに振り回す。初心者だから仕方ないですけど自分でパンチの威力を弱くしています笑

パンチに力は一切いりません。下半身から上半身に脱力して力を加えパンチを放つ瞬間にトップスピードになっていれば最強のパンチが打てます。

力を加える順番は、つま先をパンチの打つ方向に踏み込み向ける→腰を打つ方向に捻る→上半身は捻るが肩甲骨は強いパンチを打つために捻らずためを作る→肩甲骨解放して真っ直ぐパンチを放つ!

この流れを一瞬で行う。最初は難しいが習得すれば誰の目から見てもわかるくらいパンチスピード、威力が変わります。

最後の当たる瞬間だけ拳を握る

理由は、拳に力を入れるとパンチの加速力が落ちて威力も半減する。
なので当たる瞬間だけ全力で握りましょう。ずっと握って当てるパンチは鈍い痛みです。
一瞬握っ当てるパンチは目の前で爆発したこのような感じです。同じパンチでも種類があります。

腕が伸びきる手前で当てよう

この距離感で当てるのが難しく、このタイミングで当てないと相手は倒れてくれません。逆にこのタイミングで脱力したパンチを当てれば大抵の相手は倒れます。

目標物を自分で作りどの距離が自分間合いなのか実際目で見て記憶しましょう。

パンチ力を上げるために必要な筋肉

それは広背筋である。全ての格闘家の広背筋は発達しています。
また広背筋を鍛えることで逆三角形になり美しい身体も手に入れられます。

あとはサンドバックを叩きまくる事でパンチに必要な筋肉が備わってきます!

コバヤシ
所でこれだけ覚えたんだから喧嘩たっただろ?
TY
パンチ出す前に倒されて負けましたwww

wwwwwwお疲れ様でしたぁ〜〜〜〜




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です