[ボクシング]最速のパンチ 左ジャブの打ち方




前回の負けが悔しいから本格的にボクシング教えてくれ!!
コバヤシ
おっ珍しく本気だな笑じゃ最速のパンチを教えてやる!

世界で一番最速のパンチ[左ジャブ]左を制するものは世界を制す!とまで言われているパンチだ!ボクサーにとって一番重要な役割をもち強い選手ほど比例してジャブが上手い傾向にある。

ジャブの役割は沢山あり、その中でも特に重要な役割が相手との距離間を図れる事だ!闇雲に強いパンチをブンブン振り回しても実力者には当たりません。逆に相手の間合いに入ってしまいカウンターを入れられ倒されるのがオチです笑

ジャブを出し相手の間合いを図り、自分の距離になったら強いパンチを当てる!この流れです。

ジャブをものにしないとボクシングにならないので最初の3ヶ月は徹底的にジャブの反復練習をしましょう!理想的なジャブはノーモーションで身体を動かさず手首のスナップだけで放つ最速のジャブだ!

ここではジャブのスピードが遅い、相手にジャブを読まれてしまうなどの疑問を解決する記事になっています。
記事は3分程で読み終わります。






左ジャブの役割

左ジャブの役割
  • 相手との距離を測る
  • 相手の視界を塞ぐ
  • コンビネーションを出すキッカケを作る
  • ダメージを蓄積させる
TY
なるほど!とにかくジャブが大事って事か!俺ジャブの練習しまくる!!
コバヤシ
そーゆこと!まぁジャブの練習は地味でつまらないから自分との戦いになるな!練習するにはバンテージ、グローブ、サンドバックあると上達早いぞ!
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ワールドチャンプ バンテージ(伸縮性)4.5 WCAH1
価格:420円(税込、送料別) (2019/5/23時点)

 

 

 



早いジャブの打ち方

早いジャブの打ち方
  • 一に脱力二に脱力。とにかく体の全身の力を抜く
  • 手首のスナップを利用して放つ
  • 相手の目を狙う(グローブをしていれば直接目には入らない)

全身の力を抜く

早いジャブを打つために一番大事なことは全身の力を抜くという事です。
実際プロボクサーの放つパンチには全く力みがありません。当たる瞬間にだけ拳に力を入れるくらいです。だから疲れないし、スピードの早いキレのあるパンチが打てるんです!

筋肉とパワーは比例しますが筋肉とパンチ力は比例しません。別物です。

手首のスナップを利用して放つ

ジャブはダメージを与える事が意図ではありません。相手との間合いを測ったり、視界を奪ったり、コンビネーションのキッカケを作る為に使うパンチです。

だから強くなくてもいい。とにかく早く見えないくらいに。となると腕を使い打つより手首のスナップを使い打った方が断然早い。

ジャブの例を出すと猫パンチだ。ジャブの完成形の猫パンチである。

相手の目を狙う

一見卑怯に聞こえますがちゃんとした技術です。
ジャブを目に打つ事で視界が奪われ相手の動きが一瞬止まる時があります。その瞬間にコンビネーションラッシュすると当たる確率が上がります。

ジャブを目に打たれた経験がある人なら分かると思いますが、一瞬だけど視界を奪われ動けなくなります。


まとめ

  • ジャブは相手に効かせなくていいから、手首のスナップを利用してとにかく速く打つ
  • 相手の目を狙い視界を奪う
  • とにかく脱力をする

これを意識してコツコツ練習を重ねていけば、素晴らしいジャブを打てるようになります!






関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です