[薄毛と禁煙の関係性] 禁煙で薄毛は改善出来るのか?[アイテム紹介あり]




こんにちは。コバです。

薄毛と禁煙についてこのようなツイートを見つけました。

 

カフェの喫煙スペース見て思ったんだけど禁煙スペースの客より明らかに、薄毛が進行してる人とパッとみ老けてる(おっさんくさい)人が多い…

タバコだけはこれからも吸わないようにしよう

 

上記のツイートの通り、喫煙者には薄毛の人が多い気がします。

今回は「薄毛と禁煙の関係性」「禁煙すれば薄毛は改善されるのか?」ここにフォーカスしていきます。

薄毛と禁煙の関係性


結論から言うと、薄毛は遺伝によって起こる可能性が高いです。

しかし喫煙は薄毛を進行させる要素をたくさん持っています。薄毛遺伝を持っている人の喫煙はかなり危険と言えます。

喫煙は薄毛の進行を早めます

喫煙をしている人で髪が薄い人って多いと思いませんか?

 

上記のツイートを見て納得してしまいました笑

 

タバコに含まれるニコチンの中には、血管を収縮させる作用があります。血管が収縮すれば結血行が悪くなり、髪に栄養が届かなくなります。また髪を再生させるビタミンcがニコチンにより破壊されてしまうので髪が育たず、薄毛の原因なります。またタバコの一酸化炭素により頭皮が酸欠を起こしやすくなるため薄毛の原因になります。

 

上記の通り、喫煙は薄毛に大きく影響しています。



喫煙することでストレスの悪循環が起きる

ストレスの悪循環とはニコチン依存症のことを指します。

ニコチン依存症の人は、タバコが無いと強いストレスを感じます。またそのストレスから逃げる為にタバコを吸います。これを繰り返していると「自分も気がつかない内にストレスが溜まっていきます」

 

通常髪の毛が抜けても再び生えてきます。しかし強いストレスを長期的に抱えてしまうと、自律神経が緊張し血管の収縮が起こります。すると抜け毛や新たに生えてくる髪の毛が弱くなり、薄毛の原因になってしまいます。

 

上記の通り、喫煙は永遠に終わらないストレスです。ストレスを長期的に抱えてしまうという薄毛の原因になります。

禁煙と運動で薄毛予防しよう

ここまで読んで喫煙と薄毛の関係性はわかったと思います。

禁煙=薄毛予防です。

 

運動も薄毛予防に良いです。理由は下記です。

 

運動不足の身体は筋肉が落ちて肥満体型になります。また運動不足では筋肉が凝り固まり、血行が悪くなります。血行が悪くなれば髪の毛に栄養が届けられなくなるので薄毛に繋がります。

 

日常的に運動をすることで、凝り固まった筋肉がほぐされ血行も良くなります。結果、頭皮に栄養が正常に届くので薄毛予防になります。

 

SNSで話題のオールインワンシャンプー

 

最近SNSで話題のオールインワンシャンプーがこちらです。


オールイワンシャンプーの口コミがこちら。

 

 

これ一本でシャンプー、コンディショナー、トリートメント全てを効果を発揮してくれます。

さらにヘッドスパも出来るので頭皮の環境改善に最適です!

まとめ


ここまで読んでくれてありがとうございます。そろそろ最後にします。

喫煙は必ず薄毛の進行を早めます。早いうちに禁煙をして薄毛防止を始めましょう。

 

そして毎日適度な運動をして、しっかり食事を取っていれば薄毛の進行を遅くできます。

今回はここまでにします。




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です