【ワンピース】1033話ゾロの覇王色が覚醒!レイリーとの共通点も紹介

当記事では【ワンピース】に登場するゾロの覇王色について紹介していきます。麦わら海賊団No.2として新世界で圧倒的な強さを見せてきたゾロですが、ファンの間では「覇王色」を持っているのでは?と疑問視されてきました。そして今回ワノ国でゾロの覇王色が明らかになりました。

ゾロとは

【ワンピース】に登場するゾロとは、主人公ルフィ率いる麦わら海賊団No.2の剣士です。ルフィと初めて仲間になった人物であり、お互い信頼し合っているルフィの右腕的な存在です。戦闘では相手のNo.2を相手にすることが多く武士道精神溢れる戦いっぷりにファンから人気です。それではゾロのプロフィールを詳しく見ていきましょう。

ゾロのプロフィール

・通称 海賊狩りのゾロ
・懸賞金 3億2000万ベリー
・年齢 21歳
・出身地 東の海シモツキ村
・身長181cm

左目の傷と緑色の髪がトレードマークの男性です。両手に刀を持ち、口で刀を咥え3刀流という独特な戦い方が特徴的です。幼いころ同じ道場で「くいな」という少女と共に剣術を学んでいましたが、不慮の事故で死亡します。そこでゾロはくいなの分まで強くなることを近い世界一の大剣豪を志します。

ワンピース概要

漫画【ワンピース】とは、1997年34号から週間少年ジャンプで連載されている少年漫画です。連載当初から爆発的な人気を誇り、現在では単行本4億部を突破しており平成を代表する漫画となっています。さらにアニメ・ゲームや多くの企業とのコラボ商品発売されて、在庫切れが続出するほどの売れ行きとなっています。

ワンピースあらすじ

主人公少年ルフィは東の海(イーストブルー)にある小さな村(フーシャ村)で海賊になることを夢見て過ごしていました。そんなある日、大海賊である赤髪海賊団がフーシャ村にやって来ます。そこでルフィとシャンクスは出会い仲を深めました。シャンクスはルフィの秘めた才能を見抜き、ある約束を交わし宝物である麦わら帽子をルフィに託します。そして10年後青年となったルフィはシャンクスとの約束を果たすため1人海を渡りました。

【ワンピース】光月おでんの正体を調査!登場人物との関係も紹介

2022年5月26日

ゾロの覇王色確定シーン

ミホークとの2年の修行を終えたゾロは、新世界に入り最悪の世代の中でも圧倒的な強さを誇っていました。鬼ヶ島でカイドウとビックマム2人の攻撃を一人で防いだシーンはファンの間でも話題を呼びました。そんなゾロですが、ファンの間では「覇王色を持っているのではないか」と前々から考察されていました。そして今回鬼ヶ島でとうとうゾロの覇王色が明かされたのです。

ワンピース1033話

ゾロの覇王色は【ワンピース】1033話のキングとの戦いで覚醒しています。キングはカイドウの右肩であり、懸賞金も13億9000万ベリーとゾロより格上の人物です。ゾロの攻撃はキングに通じず終始劣勢状態が続いた時、ゾロの故郷モモツキ村にいたジジーという刀鍛冶の言葉を思いだし立ち尽くしているとキングの部下が次々倒れていきます。これが作中で初めてゾロが見せた覇王色です。

カイドウとの戦い

ゾロは刀に覇王色を纏いカイドウの身体を斬りました。カイドウの身体は異常に頑丈でキッドやローですらダメージを与える事ができません。しかしゾロが放った攻撃でカイドウに大ダメージを与え、その際カイドウの口から「まさかお前も・・・覇王色を・・・」とのセリフを出ます。カイドウのセリフとダメージを考えるとゾロが覇王色を纏っていたことは確実です。

モネとの戦い

ドンキホーテ海賊団モネとの戦いで覇王色を発動しています。モネはこの時ゾロとの力の差で戦意喪失していました。さらにゾロが追い詰め威嚇した瞬間、モネは恐怖で動くことができなくなりました。これが覇王色なのか明かされていませんが、ファンの間では覇王色説が浮上しています。

ゾロは自分の覇王色に気づいていない?

カイドウやキングを相手に覇王色を発動してきましたが、ゾロ自身覇王色を発動していることに気がついていません。そこが天然でゾロらしくて良いとの声が多く上がっています。ここではゾロが自分の覇王色に気づいていないと分かるシーンを紹介します。

ルフィの覇王色を始めて見た時のセリフ

2年の修行を終えて、初めてルフィの覇王色を見た時にゾロは「これくらいやって貰わねえと船長は交代だ」というセリフを放っています。強さを追及するゾロがルフィの覇王色を見て悔しさを見せないあたり、自分には覇王色の資質がないと諦めているように伺えます。

カイドウを斬った時のセリフ

カイドウを斬った際ゾロはカイドウから「まさかお前も・・・覇王色を・・・」と呟かれています。それに対してゾロは「身に覚えがねぇな」という返答で返しています。この事からゾロは無意識に覇王色を刀に纏っていることが分かります。

ゾロは刀に覇王色を纏うことができる

これまで攻撃に纏える覇気は武装色のみとなっていましたが、カイドウとルフィの戦いで覇王色も攻撃に纏えることが明かされました。カイドウ曰く「覇王色を纏える人物はほんの一握り」と語っていることからその圧倒的強さを窺えます。それではゾロが覇王色を刀に纏っているシーンを紹介します。

カイドウを斬ったシーン

ゾロは覇王色を刀に纏いカイドウに大ダメージを負わせています。カイドウの身体は異常に硬く、超新星のキッド達でも傷をつける事ができません。そんなカイドウの身体に大きな傷を残したゾロの攻撃は確実に覇王色を纏っていたでしょう。

キングとの戦い

【ワンピース】1033話でゾロが刀に覇王色を纏っているシーンが描かれています。キングとの戦いで、ゾロの刀に覇王色特有の黒いエフェクトが発生しています。原作では覇王色とは明かされていませんが、キングを倒した威力を考えると覇王色の可能性が高いです。

ゾロとレイリーの共通点

海賊王ゴールドロジャーの右腕「冥王レイリー」とゾロには共通点が多いと話題になっています。ここではゾロとレイリーの共通点を紹介していきます。

目・胸に大きな傷がある

レイリーとゾロの目・胸には似たような傷があります。ゾロは左目と左胸に傷があり、レイリーは右目と右胸に傷があります。二人の傷はまるで鏡越しのようになっており、何かの伏線と考察されています。

海賊団No.2で剣士

レイリー、ゾロ共に海賊団No.2という共通点があります。さらに1番目に出会った仲間でもあります。レイリーはロジャーの初めての仲間であり右腕の存在で、ゾロもルフィの初めての仲間であり右腕の存在です。これは偶然とは考えにくく、今後ゾロが開花する伏線でしょう。

覇王色の持ち主

さらにレイリーとゾロには「覇王色」という共通点もあります。レイリーの覇王色は登場時から明かされていましたが、ゾロはこれまで明かされていませんでした。しかし、ワノ国でゾロの覇王色が覚醒してさらに飛躍しました。

ゾロは刀に覇王色を纏える数少ない人物

今回はゾロについて紹介しました。覇王色を持っていないとされていたゾロでしたが、1033話で覇王色が覚醒して話題となりました。さらに作中でも一握りしかいない「刀に覇王色を纏う」ことができる人物という事が判明しました。。すでにゾロの実力はミホークを超えているのでは?との声も広がっていることから、今後のゾロの活躍に注目です!

【ワンピース】サンジの正体とは?壮絶な過去が判明

2022年5月21日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。