スノーボード初心者が最短でターンを覚える練習順とコツをレベル分けで解説




こんにちは。コバです。

ゲレンデに行って、スムーズにターンして滑っている人を見ると「上手いなぁ」「自分にはまだまだ無理だ」と初心者の人は思うと思います。

 

ぶっちゃけ言うと「ターンでゲレンデをただ滑る」ってめっちゃ簡単なんです。

人が滑っているのは「上手そうに見える」だけです。

 

正しい順番で練習していけば、早い人でスノーボード2日目くらいでターンを覚えられると思います。

この記事では「ターンを最短で覚える練習順とコツ」これをレベル分けで解説します。

レベル1:スケーティング、リフトの乗り降りを覚えよう


 

スノーボード初心者が良くやるNGなことは「いきなりリフトに乗る」ことです。

スノーボードでリフトに乗るにはまず、スケーティングを覚えなければ危険です。リフトで転んで怪我でもしたら、せっかくのスノーボードも楽しめません。

 

スケーティングの動画がこちらです。

 

スケーティングのコツが下記です。

 

  • 前足に全体重を乗せる/後ろ足に体重がかかると板が横に流れる
  • 視線は前に送る/足元を見るとバランスがとれない
  • 腕を広げバランスを取る

 

上記の通りです。

スケーティングで一番重要なことは前足に全体重を乗せることです。

1時間ほどでコツが掴めてくると思います。

 

スケーティングを覚えたらリフトに乗りましよう。

まずは動画を見てください。

リフトに乗る時はとにかく慌てないこと。

 

僕はリフトバイトをしていたので分かるんですが、ぶっちゃけ初心者の人が乗る時はリフトを減速させます。

慌てなくても絶対間に合うので、リフト係の指示に従い落ち着いて乗ることです。

 

降りる時は自分でスケーティングをして降りるので練習の成果を発揮するときですね!

ここで1つ大事なこと。それは目線です。

降りる時は目線を必ず前に向けてください!※怖がって足元なんか見てたらバランスを崩し転倒しますよ!

スケーティング、リフトの乗り方をまとめた記事がこちら

レベル2:横滑り、木の葉滑りを覚えよう


 

横滑りの動画を見てください。

横滑りはブレーキの役割を持ちます。

どんなに急な斜面に行ってもとりあえず横滑りを覚えれば降りてくることができます。

横滑りのコツは下記です。

 

  • 膝を軽く曲げ、両足均等に体重を掛ける
  • 使っているエッジを意識する
  • 足元を見ないこと

※自分が使っているエッジを意識して踏むことで、逆エッジを防止できます。

 

次に木の葉滑りを覚えましょう。

まずは動画を見てください。

木の葉滑りは出来るだけ斜度のある場所で練習しましょう。※平らな斜面で練習しても進まないので練習にならない。

エッジには薄っすら体重を乗せるようにしましょう。体重を乗せすぎると止まってしまいます。

目線は向かう地点に送りましょう。足元を見ているとバランスを崩し転倒しますよ。

横滑り、木の葉滑りをまとめた記事がこちら



レベル3:直滑降から横滑りを繰り返し練習しよう


 

直滑降から横滑りでブレーキ。これを覚えればゲレンデを流せるの楽しさが10倍アップします笑

これを覚えればスライドターンまであと一歩ですよ。

まずは動画を見ましょう。

 

直下降から横滑りで一番大事なことは、直下降で滑っているとき後傾にならないことです。

後傾になる=ノーズが雪面に接していない状態です。その状態で板を横にしてもテールしか雪面に摩擦されないので、横滑りのまま加速して最後は大転倒します。

 

また逆エッジには十分きおつけましょう。B/Sで逆エッジを食らったら後頭部から地面に叩きつけられ非常に危険です。

 

直下降から横滑りをまとめた記事がこちら

レベル4:スライドターンを覚えよう


 

いよいよスライドターンに突入します。

レベル1〜3をしっかりできれば直感的に出来るかと思います。

スライドターンの動画を見てみましょう!

 

 

スライドターンのコツは絶対に後傾にならないことです。

上記にも書きましたが、後傾になる=ターン失敗だと思ってください。詳しい内容は下記のリンクに記載してあります。

 

もう一つは目線です。スノーボードで目線は凄く大切で、行きたい方向に視線を送ると身体が自然とそこに向かいます。

ターンも同様で行きたい方向に先行して目線を送れば自然なターンができます。

 

スライドターンのやり方をまとめた記事がこちら

最後に:ターンができれば楽しさが広がり


 

ここまで読んでくれてありがとうございます。

これで最後です。

 

ターンを覚えればゲレンデのどこでも滑れるようになります。

広大な雪山を自分の好きなように滑れる気持ち良さは半端じゃないですよ笑

まだ転んでばかりで楽しさが分からない。こんな人も記事のレベル順に覚えていけば絶対ターンで自由に滑ることができます。

 

そしてターンが出来たあとはドンドン色々なトリックに挑戦して思いっきり楽しみましょう!!!

 




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です