[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level1]




こんにちは。コバです。

スノーボードをはじめたいけど何から練習したら良いの?いきなりリフトに乗っても大丈夫なの?

 

これからスノーボードを始めたい人は、上記の疑問を持っていると思います。

結論から言うと、いきなりリフトに乗ることは危険です。

 

記事では「初めてスノーボードをやる人が一番に覚えること」「リフトの乗り降り方法」ここにフォーカスしていきます。



スノーボード脱初心者までの道のり


最近ではスノーボード人口が増えてきて、これから友達とスノーボードを始めるって人も多いと思います。

スノーボード初心者同士で行っても、何をやれば良いのか分からない。こんな状態になってしまいます。

 

スノーボード無知の状態でやるのは危険だし、上達が遅くなります。

スノーボード脱初心者に向けまず最初に覚えることは「スケーティング」です。

一番最初に覚えることはスケーティングです

まずはスケーティングの動画を見てみましょう。

スケーティングのイメージは出来ましたか?

 

なぜ最初にスケーティングを覚えるのか?理由はリフトの乗り降りが出来ないからです。リフトに乗るときなら移動距離が短いので大丈夫ですが、問題は降りるときです。

リフトから降りたら自分でスケーティングしなければいけません。

その時スケーティングが出来ないと降り場で転倒して、最悪リフトに巻き込まれ非常に危険です。なのでリフトに乗る前に空いているスペースでしっかり練習しましょう。

コツは前足に全体重を乗せる

スケーティングが上手く出来ない人の大半が「前足に重心が来ていない」ことが理由です。

スケーティングの状態って後ろ足が固定されていませんよね?固定されていない後ろ足に重心が乗ってしまうと板をコントロールすることが不可能になります。

 

スケーティングは前足に全体重を乗せましょう。前足に重心を置くことで板をコントロールすることができます。

足元を見ないで視線を前に送ることです。※足元をみるとバランスが取れないので転倒します。

スケーティングが出来たらリフトに乗ろう


初めてリフトに乗るときはドキドキしちゃいますよ!失敗したらどうしよう、転んだらどうしようなど思ってしまいます笑

 

ぶっちゃけ失敗しても大丈夫ですよ笑 僕はリフトの仕事をしていたので良く分かりますが、転びそうな人ってわかるんです笑

転びそうな人はリフトを減速して、転んでもすぐに停止ボタンを押してくれます笑

 

すごく恥ずかしいけど笑

リフト乗り降りの際は絶対に慌てないこと

初心者の人は「早く乗り場に行かなきゃ!」って感じで慌ててリフトに乗ろうとします。

焦って転倒してしまう悪循環になります。

 

ぶっちゃけリフトに乗る時ってすごくゆっくりでも全然間に合うんですよね笑

リフトには減速ボタンがあるので、初心者の人にはスタッフが押してくれます。

 

リフトに乗る時は落ち着いてスタッフの指示に従い、ゆっくり乗り場まで行きましょう。

降りるときも同様で、スタッフが減速をしてくれるので落ち着いて練習したスケーティングをすれば必ず上手くいきます。

 

転んだ時はスタッフが停止ボタンを押してくれるので恐れず進まなアカンナ!byマツカタ43歳

 

重要なことを言い忘れていました!リフトから降りる時は絶対足元を見てはいけません!足元をみるとバランスを崩し転倒しますよ!

目線は先に送りましょう!

まとめ


スノーボード脱初心者の最初に覚えることはスケーティングです!

スケーティングのコツ
全体重を前足に置くこと!後ろ足は添えるだけ!

次に覚えることはリフトの乗り降りです!

リフト乗り降りのコツ
リフトに乗る時は、絶対に焦らずゆっくり乗ること(スタッフが減速してくれる)

リフトから降りる時は足元を絶対に見ない。目線は先に送ること。

ここまで出来ていよいよゲレンデデビューです!

[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level2]




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です