[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level2]




こんにちは。コバです。

前回の記事[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level1]を見ていない人はまずこちらの記事を読んでください。スノーボードで一番最初に覚えること、リフトの乗り方などが記載されています。

 

この記事では[Level2]いよいよゲレンデデビューです!広大に広がる雪山は気持ち良いですよ〜!

しかし知識がないのに我流で滑るのは危険です。大転倒して怪我をしたり第三者に怪我をさせる可能性があります。

 

「ゲレンデに出たらまず覚えることは横滑りです」次に横滑りの応用トリック「木の葉滑りを覚えること」ここにフォーカスしていきます。



スノーボード脱初心者までの道のり


リフトの乗り降りが出来るようになって、いよいよゲレンデデビュー!

しかし転んでばかりで心が折れる。楽しくない。なんてこともあります。

 

正しい順番で練習していけば、転ぶ回数も少なく上達速度も上がります。いきなりスピードを出して滑るなんて絶対にNGです。

横滑りを覚えよう

まずは動画を見てみましょう。

なんとなくイメージ出来たでしょうか!?

 

横滑りとはブレーキです。ブレーキの掛け方も分からずに滑るなんて危険すぎますよね?なのでしっかりと横滑りをマスターしましょう!

横滑りにはF/S、B/Sがあります。動画はF/Sの横滑りです。

 

それぞれコツを解説していきます。

F/S横滑りのコツ

F/Sとは谷を正面の向きで滑っていくことを指します。

B/Sに比べて少し難易度が下がります。

 

F/S横滑りのコツは「両足均等に体重を加える」「膝をうっすら曲げる」「ヒール側にエッジを意識して踏む」これだけです。

※エッジとは板の周りに付いている鋭利な鉄。ヒールとはかかとのことです。かかと側のエッジを踏むってことです。

 

このとき初心者がやってしまう一番危険な転び方は「逆エッジです」

逆エッジとは滑っている時に通常使うエッジと逆のエッジを使ってしまうことで起きる大転倒です。

 

F/Sの横滑りでは通常ヒール側のエッジを使うんですが、初心者の人はそれを理解していないのでトゥ側(つま先)のエッジに力を入れてしまいます。

その瞬間大大大転倒しますよ!!逆エッジだけはマジで気おつけて!

 

逆エッジの動画です笑笑

B/S横滑りのコツ

B/S横滑りの動画を見てイメージしましょう。

B/Sは谷を後ろも向きで滑っていくのでF/Sに比べて難易度が少し上がります。

 

コツもF/Sと同じです。まずはF/Sから覚えればB/Sも直感的にできると思います。

B/Sの場合はトゥ側のエッジ(つま先)に力を加え止まります。このときヒール側に力が入ってしまうと逆エッジを食らうので注意。

慣れてきたら木の葉滑りを覚えよう


まずは動画を見てイメージしましょう。

イメージ出来ましたか?

ぶっちゃけ横滑りができれば比較的簡単にできると思います。

木の葉滑りのコツ

まずはF/Sの方が簡単なのでF/Sを覚えましょう。

木の葉滑りはある程度のスピードが必要です。なので練習する所はそれなりの斜度の場所でやりましょう。(20度くらいがベスト)

 

木の葉滑りのコツ。1目線を進行方向に向ける。2エッジは薄っすら力を入れる(強く入れすぎると止まる)。3腕をあげてバランスをとる。

そして何回も言いますが逆エッジには気おつけましょう。※横に切り返す時に起こりやすい。

まとめ

ここまで出来るようになればスノーボードの楽しさが十分わかってきますよ!

まだまだ楽しさがいっぱい待ち受けていますけどね笑

 

結論から言うと横滑り、木の葉滑りは「使っているエッジを意識する」ここを意識してやると上達速度がグンっと上がるぜ!

使っているエッジを意識していれば、逆エッジにもならないしな!!

スノーボードするならケツパットしーや〜byマツカタ43歳

 

[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level3]




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です