[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level3]




こんにちは。コバです。

スノーボード脱初心者までの道のりLevel3です笑

前回の記事Level2を見ていない人は、まずこちらからみて下さい。[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level2]

 

前回の記事では、木の葉滑りまで説明しました。ここまでくればスノーボード最高!って感じになっていると思います。

さらにスノーボードを楽しむ為に次のステップにいきましょう!

 

今回は「直滑降→横滑り」これを覚えましょう!スライドターンに繋がる動きなのでしっかり身につけましょう。

また直滑降→横滑り。これを覚えればゲレンデをクルージングできるようになります。



スノーボード脱初心者までの道のり


 

木の葉滑りにも慣れてきたら、スピードを出して滑りたい!こんな気持ちになりませんか?

直滑降→横滑りで止まる。これを繰り返し練習してスライドターンの基礎を覚えましょう!

直滑降→横滑り。これを繰り返し練習しよう

まずは動画を見てイメージしましょう。

 

何となくイメージできましたか?

この動きはスライドターンの基礎となる動きなので、しっかりと覚えましょう。

※いきなりスライドターンの練習をしても転んでばかりで効率が悪いです。

直滑降で後傾になると横滑りが出来ない

直滑降で後傾になると横滑りができない?なんで?

そう思われますよね!

直滑降で後傾になる=ノーズが浮いている状態なんですよね。初心者に良くあるパターンです。

 

横滑りってエッジを雪に摩擦させて減速させています。

後傾=ノーズのエッジが雪から浮いる状態です。この状態で板を無理やり横にしても、テールエッジしか雪が摩擦しません。

 

「横滑りなのにスピードが落ちない!」なんてことになります。最後は転んで止まるしか選択肢がなくなります笑

ノーズエッジにもしっかり雪を摩擦させるには、直滑降で後傾にならないことです!

直滑降でノーズエッジをしっかり雪面に当てることでスムーズに横滑りになれます。

 

斜度に対して直角に重心を置けばベストです。

直滑降から横滑りにシフトするときはゆっくりやる

直滑降でスピードを出した状態で、急に横滑りをすると逆エッジを喰らいやすいです。

 

急ブレーキをかける=重量がかかる。

上級者なら問題ありませんが、初心者だと問題ありです。

 

例えばヒールエッジで急ブレーキを掛けたとします。当然前に重心がかかります。

この重心がかかった勢いでトゥ側のエッジが雪面につき逆エッジが起こります。

 

ぶっちゃけスピードが出ている時の逆エッジはやばい痛いですよ。下手したらその日スノーボードは出来ません。

なので横滑りにシフトする時はゆっくりブレーキをかけるように横滑りにしましょう。

B/Sの方が難易度が少し高い


 

B/Sは後ろ向きで横滑りになるので、視界が悪いor恐怖心があります。

なので最初はF/Sから練習しましょう。

 

F/Sでコツを掴めばB/Sも同じ要領なので、直感的にできると思います。

B/Sの逆エッジには要注意


 

F/Sの場合は逆エッジを食らっても正面からダイブするように転倒するのでまだ良いのですが、問題はB/Sの逆エッジです。

谷に向かって後ろ向きになっているので、逆エッジを食らったら背中から大転倒します。

 

その時に後頭部を強打すると非常に危険です。

僕はまだ強打した経験がないんですが、一緒に滑っていた友人が逆エッジを喰らい後頭部を強打し即病院送りになりました、、、

 

とくに初心者の内は必ずヘルメットを着用して自分を守りましょう。

まとめ


 

ここまで読んでくれてありがとうございます。もう少しで脱初心者ですよ!!

今回のまとめ。

 

  • 直滑降→横滑りの練習を繰り返しやる
  • 直滑降は後傾にならないこと
  • 直滑降から横滑りにシフトする時は緩やかにやる
  • B/Sの逆エッジには十分に注意すること

 

上記の通りです。

直滑降から横滑りで減速。これを繰り返し練習してスライドターンに挑戦しましょう!

 

[スノーボード] 脱初心者までの道のり[Level4]




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です