[スノーボード] パークでの怖さを減少させる方法 [春パークを滑るべき]




こんにちは!コバです!

 

「パークに入りたいけど、失敗したら絶対痛いし怖い」

「パーク好きなんだけど、怪我ばかりしてしまう、、、」

 

こんな悩みを持っていませんか??

 

記事の内容

  • パークで怖さを減少させる方法
  • 出来るだけ怪我をしないで、パークを楽しむ方法

 

上記を深掘りしていきます。

結論から言うと、ハイシーズンは滑りに専念し、春はパークメインにすることです。

 



パークでの怖さを減少させる方法


スノーボード初心者の人を見ていると、ハイシーズンでもノリでキッカーを飛んでいますね。

実はすごく危険なんです。ハイシーズンのキッカーの硬さは氷並みに硬くなっています。そこに初心者が捲られてリップ落ちなんかしたら下手したら死にます。

 

そして決まってビビりながらキッカーに入り、腰が引けているので捲られ怪我するって感じです。

 

ハイシーズンではなく、春パークで練習しよう

 

なぜ春パークが良いのか?理由はシンプルです。

 

  • 春パーク

雪が柔らかいorパークの種類が豊富

  • ハイシーズン

雪が氷orパークの種類が少ない

 

上記の通りです。

春パークはとにかく雪が柔らかいです。サイズの大きいキッカーで失敗しても着地が柔らかいので、嘘のように痛くないです(例外もある)

春はどのゲレンデもパークに力を入れているので、アイテムが豊富にありますしキッチリ整備されていて滑りやすくなっています。

 

ハイシーズンパークはマジで危険

 

ハイシーズンのパークは上級者用と思ってください。

パークの難易度は春の方が上ですが、ハイシーズンはとにかく雪が硬いです。氷です。

 

絶対に転ばないと自信のある上級者なら問題ないが、無知で何も知らない初心者がハイシーズンのキッカーを飛んだらマジで死にます。

ハイシーズンのパークは綺麗に整備されません。キッカーなんかはRがボコボコしてることなんかザラです。

 

初心者がハイシーズンにキッカーに入っても、怪我をするだけで何も得られないのでフリーランを徹底して滑り込み春パークを待ちましょう。

 

1人パークは出来るだけ避けよう


一人でパークは基本避けましょう。

理由は、すぐに助けてくれる人がいないからです。

 

例えば貴方がキッカーで転び動けなくなったとします。その後パトロールを呼んで貰うまでは他人がやってくれるので大丈夫です。

問題はその後です。誰が貴方を送ってくれますか?

スキー場は大体自宅まで遠いです。一人で運転もできなければ大問題です。

 

そこで友達がいれば何の問題もありません。パークで滑る=危険なので、そこまで考えて行動しましょう。

 

キッカーを飛ぶ前は、必ず人が飛ぶ姿を見るor通り抜ける


初めて入るキッカーでは、必ずスタート地点、スピード、キッカーのサイズを見てイメージしてから入りましょう。流れが下記です。

 

キッカーのスタート地点を見る→人がどのくらいのスピードでエントリーしているのか覚える(ブレーキの回数など)→実際にキッカーの横を通ってサイズ感を覚える→頭で成功をイメージする→チャレンジ

 

上記の流れです。ここまでイメージすることで、怖さは減少するし成功の確立がグンと上がります。

いきなりキッカーを飛ぶ行為は自殺行為なので絶対にやめましょう。

 

ヘルメットは着用しましょう

 

キッカーで着地失敗して頭を強打することがザラにあります。

実際に僕も経験ありますし、友人も何人も強打しています。

 

特に酷かった人が、僕の友人はキッカーで頭を強打しエイリアン状態で入院しています。

怪我してからでは遅いので、ヘルメットは必ず着用しましょう。

 

結論:ハイシーズンはフリーラン、春はパークを滑り込もう


ここまで読んでくれてありがとうございます。

そろそろ最後にします。

 

結論は、ハイシーズンはモフモフのパウダーをとことん楽しみましょう!!パウダーはハイシーズンしか楽しめませんよ。

春になり雪が柔らかくなったら、パークに切り替えましょう。春雪は転んでも痛くないのでパーク向きの時期です。

ハイシーズン、春シーズン。時期によって遊び方を変えるとよりスノーボードが楽しめますよ。

 

今回はここまでです。

 

スノーボードが上手い人の特徴 [板に乗る基礎感覚が重要]

2020年1月8日




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です