バックサイドアクスルストールの練習方法とコツを公開!




ドロップイン、テールロックを安定してメイク出来る様になったら次のステップ、バックサイドアクスルストールを練習しましょう!

アクスルストールにはフロントアクスルストールとバックアクスルストールがあり、基本バックを使う人が多いです。フロントアクスルストールはアウトをする時後ろ向きなので若干難易度が高いです。

アクスルストールがいつまでたってもメイク出来ない。またはアクスルストールが中々安定しない。この様な人の為にアクスルストールのコツと練習方法をまとめました!


バックサイドアクスルストールとは

まずコバヤシが参考にした動画を見てみましょう!

  • メインスタンスでRにエントリーして体と板を90度回してコーピングに両方のトラックをロックする
  • テールを踏みながら体と板を90度回しアウトする
  • グラインド系の基礎となる技で体勢を整える時にも使用される
  • アクスルストールのコツと練習方法

    練習方法とコツ
  • R面の加速力とテールを踏むタイミングを覚える
  • 上半身から先に先行してコーピングと板を平行させる
  • 上半身から先行してテールを踏みアウトする
  • R面の加速力とテールを踏むタイミングを覚える

    アクスルストールで良く見られる失敗は加速が足りずコーピングまで届かない事と、スピードは十分あるのに前ウィールがコーピングにぶつかり弾かれる失敗です。

    Rを登る加速とテールを踏み込む!これを同時にやらなければコーピングまで登れません。
    口で言うと難しく感じますが非常に簡単です。
    Rに入る前に膝を落とし入ったら伸び上がり加速と同時に薄っすらテールを踏む。
    これだけでコーピングに登れます。

    コツとしては後ろ足を軸にして登っていき前足はデッキが暴れない様に置いておくイメージです。

    上半身から先に先行してコーピングと板を平行させる

    加速してスムーズにコーピングまで登れるようになったら体を90度回してコーピングにデッキを平行にさせロックします。
    ここが一番難しいポイントで繊細なデッキコントロールが必要になってきます。

    最初からコーピングにロックすることは難しいので勢い良くエントリーしてプラットフォームに乗り上げて徐々にコーピングに近ずけていきましょう。

    体を回すコツはデッキから回すんではなくて上半身から先行させてデッキが付いてくイメージです。スケボーのランプトリックは全て上半身から先行して動かす事を頭に入れておきましょう!

    上半身から先行してテールを踏みアウトする

    両方のトラックをロックしたらアウトするのですが、慣れるまで滅茶苦茶怖いです笑
    特に初めてアウトする時なんてドロップインを初めてやる時を思い出しますよ!

    動作の流れを説明します。
    膝を少し落とす[テールを踏む準備]→上半身を先に90度回す→テールを踏みコーピングを避ける→後はドロップインと同じ!

    こんな感じです笑

    コツは上半身を先に回す事です。怖がっていると上半身が動かず足から回してしまうので確実に失敗して転倒します。またテールをしっかり踏まないとコーピングに引っかかりボトムに顔から落ちますのでテールはしっかり踏む事!


    まとめ

    アクスルストールは基礎技ですがインターフェイキー、テールロックにくらべ格段に難しいです。
    また一回メイクしても中々メイク率が上がらなくなって来るレベルの技です。

    ちゃんと物に出来ればインターフェイキー→テールロック→アクスルストールと出来る事が増えてどんどん楽しくなりますよ!
    次はフロントアクスルストールをメイクしましょう!!




    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です