[難トリック]f/sロックンロールをメイクしよう!




ロックンロールにはバックサイド、フロントサイドロックンロールがあり背中側からアウトするf/sロックンロールの方が遥かに難易度が高いのでb/sロックンロールをメイクしてない人は先にこちらをメイクして感覚を掴むと良いでしょう!

スケートパークに行くと上級者もf/sロックンロールを使っている人が多くて、スタイルがバチバチに出ていて滅茶苦茶かっこいんですよね!

f/sロックンロールを練習している人も多々居るが見ていると似たようなミスをしているんです。
この記事では共通している失敗を改善させる事とメイク出来ない人がメイク出来るようにちょっとしたコツを公開しています!


f/sロックンロールとは?

f/sロックンロールとは、インターフェイキーと同じようにデッキの腹をコーピングにロックして、背中側に180度回してメインスタンスでアウトするトリックです。

b/sロックンロールは逆にお腹側に180度回しアウトします。
コバヤシもそうでしたがf/sロックンロールで一番苦戦するポイントはアウトです。逆にそれ以外はb/sとそれほど変わらないです。

アウト時、着地地点が見えにくいので感覚的にアウトしなければなりません。
コバヤシはここでビビってアウトしていたため散々痛めつけられました笑プロテクターがあると怖さがある程度なくなりますのでオススメします。

それではコバヤシが散々痛めつけられた経験を元に、なるべく転ばない怪我をしない練習方法とコツを教えます!!

f/sロックンロールおすすめの練習手順とコツ

まずはコバヤシが参考にした動画を見てみましょう。

練習手順とコツ
  • Rの低い所でトリックの一連の動きの感覚を掴もう
  • 感覚を掴んだらデッキの腹をコーピングにしっかりロックする
  • コーピングにロックしたと同時に上半身を回転方向に捻る
  • テールをしっかり踏んで目線を着地地点に送り気合いでアウトする
  • Rの低い所でトリックの一連の動きの感覚を掴もう

    f/sロックンロールってインターフェイキーにアウトの時180度回してアウトするだけでしょ?
    と簡単に考えているスケーターさん甘いですよ。コバヤシも最初はその考えでデッキをコーピングにかけました。ここまでは簡単です。

    しかしそこで180度回転?えっ無理。みたいな感覚になりました笑
    出来ない理由は上半身を捻るタイミングが分からないからです。デッキをかけてから捻るじゃ遅いんです。デッキをかけると同時に捻り終わっていないと180度回転出来ません。

    そのタイミングも分からずやっていてはメイクに時間がかかってしまいます。なので最初はRの下から練習して捻るタイミングとアウトまでの感覚を覚えましょう!

    感覚を掴んだらコーピングにデッキの腹をしっかりロックしよう

    上半身を捻るタイミングが良くてもロックしているデッキが不安定だとメイク率も悪くなるしトリック全体の完成度も落ちてしまいます。 なのでデッキをコーピングに対して直角にして意図的にしっかりロックしましょう!

    デッキを真っ直ぐしっかりロックして上半身の捻るタイミングが噛み合えば直感的に成功出来る!って感じの感覚になります。

    上半身を回転方向に捻る

    しつこく言いますが[上半身を捻るタイミング]これが一番大事なポイントなので皆さん耳の穴かっぽじって聞けオラァー!!

    タイミングが少し遅れてしまうとトリック全体が崩れておかしな事になってしまいます。
    そして皆さんが思っている以上に上半身を捻らなきゃならないと思う。後ろを向いて着地地点を無理やり見る勢いで捻ってやるんだよ!!

    テールをしっかり踏んで着地地点を見て気合いでアウト!

    いよいよ最後のアウトです。コバヤシの場合は、デッキを真っ直ぐロックしてタイミング良く後ろを見るように捻る。ここまで出来るようになったら最後のアウトは直感的に出来ました。

    ポイントは着地地点をしっかり見ることです。あとは気合い入れて思い切りテールを踏むだけです。
    ここまで出来ていれば絶対にメイク出来ますから。

    最後に

    コバヤシがf/sロックンロールの練習を初めてメイクするまでを時間にすると4時間程でした。
    2日かかりました。正しい練習方法とコツを知っていれば絶対にもっと早く転ばずにメイク出来ていたと思います。

    なにが言いたいのかと言うと、メイクしたいトリックがあったらすぐに練習せずしっかりやり方をみて頭の中で成功のイメージを作ってから練習に取り組むと、転ぶ回数も減るしメイクまでの時間が圧倒的に違います。スケボーはイメージが物凄く重要な遊びですので常に良いイメージを持って良いスケートライフを送りましょう!!






    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です