【スケボー上達しない】上達の早い人、遅い人その差はなに!?




こんにちは。コバです。

スケボー歴5年です。色々なパークや人と滑ってきて「上達速度の速い人」「上達速度の遅い人」この差って正直出てくるんですよね。

 

「スケボーが上手くならない」こんな風に感じている人も多いと思います。

実は普段の練習を少し工夫すれば、圧倒的に上達速度があがるんですよね。

 

結論を言ってしまうと、イメージ力×練習量×練習環境=上達速度です。

 



スケボーで上達の速い人、遅い人の差はなに!?


「友達と一緒にスケボーを始めたのに、上達速度が全然違う」こんな状況で自信を無くしている人もいるかと思います。

 

でも安心してください。その差はちょっとした考え方で埋める事ができます。

 

トリックの動きを分解して練習している

上達の早い人は、このようにトリックをメイクしようと考えます。

オーリーのを例にします。

  • テールを弾く
  • 前足を擦る
  • 前足を押し出す
  • 四輪着地

 

上記の通り、オーリーを練習するにしろ動作を1つひとつ分解して練習しています。

逆に上達の遅い人はトリックの動きを分解せず、なんとなくトリックを練習してるんですよね。

 

経験上トリックの動きを分解して練習すると格段に上達スピードが上がりますよ。

 

動画をみて、トリックを鮮明にイメージしている

僕も新しいトリックを挑戦する前は、動画を何度もみて動きを鮮明にイメージします。

スケボーが上達しないと感じている貴方は、何度も動画をみて鮮明にイメージしていますか?

 

スケボーはイメージ力が凄く大事です。鮮明にイメージしておくことで、上達速度が上がり怪我防止にも繋がります。

 

上手い人と滑っている

スケボー初心者の人は「練習を見られるのが恥ずかしい」この理由で、1人で練習をやろうとします。

もちろん1人練も大切ですが、それだけだと楽しめないし上達が遅いです。

 

自分から進んでパークに行き、ローカル達に教えて貰いながら滑れば圧倒的に上達速度が早くなります。

スケボー上達の早い人は、下手な自分を恥ずかしがらずに滑っていますよ。

 

そもそも滑っている時間が違う

スケボーの上達が早い=スケボーが楽しいです。

自分の思い通りに上達していくので、スケボーが楽しくて仕方なく自然と滑る時間も長くなります。

 

スケボーの上達速度の遅い人=スケボーが楽しめない(個人差による)

「周りに追いつかなきゃ」この考えになるのでスケボーが修行のように感じてしまいます。

結果的に滑る時間が減っていく傾向にあります。

 

滑走時間×イメージ力=上達速度です


やっぱり上達が早い人は滑る時間がながいです。

滑っていない時間でも動画をみて鮮明にトリックのイメージをしています。

 

結局「上達が早い、遅い」人の差ってスケボーに対する向き合い方が違うってことです。

スケボーが上達しない人は滑る時間を増やし、滑っていない時も動画を見て研究する。このくらいやれば圧倒的に上達していくと思います。

 




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です