[スケートボード] 東京オリンピック金メダル候補の「堀米雄斗」の生い立ちを調査。二人の天才、平野歩夢との関係は?




スケートボード世界最高峰でトップを走り続ける「堀米雄斗」

 

 

単身で「スケートボード本場」アメリカに渡り世界最高峰のプロツアー「ストリート.リーグ」で優勝し日本人初の偉業を遂げました。

 

 

[スケートボード] オリンピックをより楽しく観戦する為にルールを解説します。パークとストリートの違いも解説します。

2020年2月21日

 

 

 

 

世界のやばいスケーターを抑えて優勝とか、マジ規格外ですwww

 

 

世界で活躍する堀米雄斗だが、昔から「父と共に人の何倍も練習していた」と語ります。そんな堀米雄斗の生い立ちは、やはり並外れていました笑

 

 

また天才「平野歩夢」とは小学生の頃から接点がありました!

 

 

[スケートボード] 平野歩夢が東京オリンピック強化選手に。平野歩夢を支えてきた父親が偉大すぎる!

2020年2月23日

 

 



 

堀米雄斗の生い立ち

出典:https://www.vhsmag.com

 

 

どんな偉人でも、最初は皆ゼロからのスタート。世界トップクラスの堀米雄斗も例外ではありません。

 

 

そんな堀米雄斗の「幼少期から現在」までの生い立ちを見ていきましょう。

 

 

  • スケートボードを始めたキッカケ
  • 10代で国内トップクラスの選手に成長
  • アメリカに単身移住し、世界トップクラスに成長

 

 

レッツゴー!!

 

 

スケートボードを始めたキッカケ

 

 

スケートボードを始めたキッカケは「スケーターである父親」の影響でした。

 

 

最初は父と「スケーターが集まる公園」で滑っていました。

 

 

未来のスターでも入り口は皆と同じなんですね。当時は周りに比べて「明らかに下手だった」と語っています。

 

 

それからスケートボードにどハマりし、才能が開花します(子供が何かに夢中になると飛行機並みに早いです)

 

 

父親と毎日3〜4時間練習し、小学2年生の頃にはバーチカル(ハーフパイプ)を滑れる程に成長しています。

 

 

出典:https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-murasaki-sports/shop/murasaki-park-tokyo/db1a5423-4dc0-4305-a91e-17a730478cd0

 

 

上の写真が「バーチカル」です。これを小学2年生が滑っていたんですよ!?周りは凄いを通り越して引きますよ!!笑

 

 

父親と共に遠征を繰り返し実力をつけ「10代で日本トップスケーター」になります。

 

 

10代で国内トップ選手に成長

 

 

2014、2015年に2年連続「AJSA」年間グランドチャンピオンに輝きます。

 

 

「AJSA」って何!?って感じですよね? 難しいことは考えずに「日本でトップ選手を決める大会」ってことです。

 

 

国内トップスケーターになった訳ですが、ここからが凄いんです!!

 

 

アメリカに単身移住し、世界トップ選手に成長

 

 

2016年に「スケートボードで注目されるには本場で活動しないと」そう意気込み単身でアメリカに移住します。(とても10代と思えない向上心、、、)

 

 

ここからの堀米雄斗の快進撃!!成長速度!!が半端ないです!!!一気に世界トップ選手まで登り詰めます!!!!!

 

 

世界最高峰プロツアー「SLS」で前人未到の3連勝 全勝の偉業を成し遂げた!!

 

 

これはスケートボード史上初の快挙で堀米雄斗が世界トップクラスに入った事を意味します!!

 

 

 

 

SLS決勝の動画です。

 

 

 

 

最後のトリックやばすぎでしょ!?

 

 

近所の公園で父親と始めた少年が、世界トップクラスの選手になるなんて感動的です。

 

 



 

堀米雄斗のスポンサーはどこ?

 

 

ここまで見てくれたなら想像付くと思います。スポンサーの数絶対はんぱないでしょwwwってことが!!笑

 

 

調べた結果やっぱり半端じゃありませんでしたwww

 

 

  • HIBRID(スケートボードブランド)
  • Be-WorKs(日本で最初のスケーターズカンパニー)
  • inhabitant(ライフスタイルスポーツブランド)
  • Division(スケートプロテクター)
  • DVS(スケーター向けシューズブランド)
  • Custom Trck(スケートボード関連)
  • TUFLEG(スケートボードブランド)
  • Triple Eight(スケートプロテクター)
  • ムラサキスポーツ東京(ムラサキスポーツのスケートボードパーク)

 

 

はぁはぁ打ち疲れたぜ、、、はぁはぁ、、、

 

 

しかしスポンサーの数多すぎですね笑

 

 

収入源は「大会の賞金orスポンサー収入」らしいです。海外のトップ選手で「年収何十億」稼いでいる選手もいるんだとかなんとか、、、

 

 

堀米雄斗も相当稼いでるんだろな〜(僕に少し分けて下さいwww)

 

 

堀米雄斗、平野歩夢。天才2人の関係は?

 

 

 

 

この二人。小学生の時は「お互いライバル」的存在だったんです。

 

 

小学生の頃アマチュアの大会で「二人が1位2位を独占」していたらしい。

 

 

そして競技関係者が当時の二人をこのように語る。「雄斗は人を真似るのではなく、自分から人と違う技をに挑んでいたと語る」

 

 

「歩夢はたたずまいが違った。小学生ながら近寄りがたいオーラがあったと語る」

 

 

天才二人がオリンピックの大舞台で「再び同じ道に」

 

 

種目は違えど、見ている者の心を熱くする何かがある気がしてならない。

 

 

オリンピック堀米雄斗に期待が高まります!!

 

 

[東京2020] スケートボード代表選手をパーク/ストリート種目別で予想!!

2020年3月2日




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です