出来るだけ転ばないでインターフェイキーをメイクする方法!




[インターフェイキー]ランプでパンピング、ターン、ドロップインの次に習得する技です。

上級者でも大勢を立て直す為に使われている技なので絶対にメイクしておきましょう!インターフェイキーが上手いとそれだけで絵になりますよ!

コバヤシがインターフェイキーをメイクするまでに体を痛めつけられたので自身の経験からなるべく転ばないでメイク出来る練習方法をレクチャーします!

インターフェイキーとは?

まずコバヤシが参考にしたこちらの動画を見てみましょう!!

インターフェイキーとはコーピング部分にデッキの腹を掛けロックして、そのまま後ろ向き(フェイキー)で降りるトリックです。

最初頃は誰でもインターフェイキーはめちゃくちゃ怖いです。
なにが怖いかと言うとデッキの腹をコーピングにロックしてフェイキーのままアウトする時が怖いんです!!
ウィールがコーピングに引っかかり自分だけボトムに背中から落下することを想像してしまうんです。

スケボーはイメージが凄く重要で失敗のイメージしか浮かばない時は絶対成功しないのでトライするのはやめましょう笑コバヤシは何度もビビりながらトライしてしまい結果中途半端になり怪我をしていました笑


インターフェイキーをなるべく転ばずメイクする方法

先に伝えときますが、スケボーをやっている以上絶対に転びます。今回は[出来るだけ転ばない]方法をレクチャーします。

ざっくりやる事!
  • フェイキーに慣れる
  • 意図的にテールを踏む
  • 体重移動を意識する
  • 成功だけを意識する
  • フェイキーに慣れる

    フェイキーに慣れていないでインターフェイキーにトライするのはとても危険だし、メイクも格段に下がります。
    インターフェイキーでアウトした後フェイキーで滑れなければ転びますしアウトの時の恐怖が倍増します!

    なので慣れるまでひたすらランプで往復しましょう。ここかなり重要です!

    意図的にテールを踏む

    最初の内は前ウィールがコーピングに当たりデッキの腹がコーピングに上手く乗らないと思います。
    理由はR面に入っても膝が曲がっている状態なのでテールを踏む事が出来ずウィールがコーピングに当たってしまいます。

    ランプのRに入る前に膝を曲げ、Rに入ったら膝を伸ばしながら少しテールを踏みます。

    デッキの腹がコーピングまで来たら前足で板を踏みロックする!

    体重移動

    デッキの腹をコーピングにロックしたら次にアウトの動作に移ります。
    ここで一番重要なのが体重移動です。重心は板の垂直に持っていきデッキをコントロールしている前足の力を抜きテールを踏み込みアウトします!
    この時に重心が前に残ってると大転倒します。滅茶滅茶痛いです笑

    最初はアウトをしないでテールを踏んでデッキの腹をコーピングにロックしたら降りる。この練習を反復してやり感覚を掴みましょう!

    成功だけを意識する

    スケートボードはイメージ力が凄く大事でびびって成功のイメージが出来ない時に技をやると中途半端になり怪我をします。なのでやるなら成功だけをイメージしましょう!そうする事で本当に出来る気がしてきて成功に繋がりますよ!



    まとめ

  • まずはフェイキーで滑りまくりフェイキーに慣れよう!!
  • R面に入る前に膝を曲げR面に入ったら膝を伸ばし少しテールを踏んでデッキの腹がコーピングに来たら前足で板をコントロールしよう
  • アウトをする時は重心が板の垂直に来るようにしてコントロールしてる前足の力を抜きテールを踏み込みアウトする
  • 最初の内はデッキをコーピングにロックしてデッキから飛び降りる。この練習を繰り返しやりましょう!そうする事で板の踏み込むタイミングや重心の位置が分かるようになってきます。

    そして最後にアウトにトライしましょう!一回目は転ぶと思いますがそこまで出来れば大転倒はしないと思います!

    コバヤシが見てきた感じでは1週間くらいでメイク出来た人が多いです!
    皆さんスケートライフを楽しみましょう!!




    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です