[スケートボード] オリンピックをより楽しく観戦する為にルールを解説します。パークとストリートの違いも解説します。




いよいよ東京オリンピックで[スケートボード]が新しく加わり、我々スケーターはワクワクが止まりません!!

 

 

 

海外では大人気のスポーツですが、日本ではまだまだマイナーなスポーツで「ルールとか色々良く分からない」って人が多いと思います(残念)

 

一人でも多くスケートボードの魅力を知ってもらいたいと思い、今回は「スケートボードのルール」「パーク、ストリートの違い」を解説します!!

 

↑↑↑ここさえ覚えれば観戦していて、今より2倍3倍楽しいはずです!!

 



[スケートボード] オリンピックのルールを解説


スケートボードには2種類の種目があります。

 

  • パークスタイル
  • ストリートスタイル

 

↑↑↑スケートボードの基本となる知識です。それでは見ていきましょう!!

 

パークスタイル

出典: https://www.murasaki.co.jp/brand/ridelifemag-skate/shop/skate/da0714a9-97f9-4a9b-b4a5-cc525b53bbae

 

パークとは、お椀型の形状で「プールの水を抜いた状態」をスケートボードで滑ると考えて下さい。

 

パークで有名な選手と言えば「平野歩夢」です。スノーボードだけではなく、スケートボードもオリンピック候補に挙がるくらい上手いんです。

 

それでは平野歩夢がパークを滑っている映像を見て見ましょう↓↓↓

 

 

 

マジカッケー!!!ところで平野歩夢って(広瀬すず)に似ていません?笑 余談でしたwww

 

これが「パーク」という種目なんだぁ〜ってくらいに覚えとけば十分っす!!

 

ストリートスタイル

出典: https://www.tripleaxel.work/differences-and-rules-between-skateboard-street-and-park-types/

 

続いてストリートスタイルですが、一般的に皆さんスケートボードと言えばこっちを想像すると思います。

 

街中に「縁石とか階段とか手すり」あるじゃないですか??それをパーク内に再現したのがストリート種目なんです。

 

分かります??僕の説明悪いですか?笑 てことで実際にストリート種目を見てみましょう↓↓↓

 

 

 

↑↑↑ストリート種目でオリンピック候補の「西村碧莉」の滑りです。どうですか?スケートボードといったらストリートを想像してましたよね??

 

西村碧莉って可愛いとおもいません??

 

 

 

また話が脱線しましたwww失礼、、、

 

街中にある「階段とか手すりとか縁石」をパーク内で再現してんのがストリート種目なんだ〜って感じで覚えとけばOK君天才。

 



パーク、ストリート種目では採点方法が違う


ここまで読んでくれたなら「パーク、ストリート」の種目違いは理解してくれたと信じています。(神さま)

 

んで実際スケートボードの大会を観戦していて(どーなったら得点入るんだ??)まーとにかくルールが分からないと見応えないでしょ!?って事を言いたい訳よ。

 

楽しく観戦して欲しいから僕が種目別にルールを解説していくよ!!だからちゃんと最後まで読んでね?笑

 

パークの採点orルール

 

パークの採点orルールは↓↓↓の通りです。

 

  • パークのルール

一人持ち時間45秒滑走し、3回チャンスがあります。その中の最高得点で順位が決まります

  • 採点方法

 

ジャンプの高さ/難易度の高い技/色々なバリエーションを持たせる/ミスをしない/滑りの質(スタイル)

 

ちょーざっくりですが↑↑↑こんな感じです笑

 

細かく言うとまだまだありますけど、ぶっちゃけこれだけ知ってたら十分です笑 細かいところなんて覚える必要ありませんよ。

 

ストリートの採点orルール

 

ストリートには2種類の方式があります。↓↓↓

 

  • RUN方式
  • BEST TRICK

 

RUN方式とは「パーク」と同じで1人45秒持ち時間があり、2回チャンスがあります。どちらかの高い点数で順位が決まります。

 

BEST TRICK方式とは、自分の得意なセクションをパーク内から1つ選び1トリックを競う方式です。

 

チャンスは5回あり、その中の高い点数4回合計で順位が決まります。

 

BEST TRICKは見ててめちゃくちゃ緊張します(自分だったら心臓が持ちませんwww)

 

まとめ

 

はい最後まで読んでくれた君!!最高だぜ!!(なにがやねん)

 

スケートボードのルールは6割くらい覚えとけば大丈夫です!てことでまとめます。

 

  • オリンピックのルールは「パーク」「ストリート」2種類ある
  • 「パーク」はお椀型でプールの水を抜いたような感じ
  • 「ストリート」は街中にある、手すりや階段をパーク内に設置する
  • 「パーク」は持ち時間45秒で3回チャンスがある。その中の最高得点で順位が決まる
  • 「ストリート」はRUN方式とBSET TRICK方式があり、その合計で順位が決まる

 

以上がスケートボード東京オリンピックのルールでした!!

あぁ〜東京オリンピック楽しみだぁ〜

 

 

[東京2020] スケートボード代表選手をパーク/ストリート種目別で予想!!

2020年3月2日




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です