[スケボー] ランプの基礎-パンピングをマスターしよう!




こんにちは。コバです。

フラットでプッシュチックタックが出来るようになって、スケボーを楽しめるようになったら、ランプにも挑戦してみましょう!

 

ランプをやることで、板にのる基礎感覚がアップします。フラットだけでは身に付かない感覚がランプにはあります。

ランプを始めて一番最初に覚える動きが「パンピング」です。

「パンピング」はランプ全てのトリックの基礎となる動きなので、とても大事な部分です。

 

記事では「ランプの原理、練習方法」ここにフォーカスしていきます。



ランプの基礎-パンピングを覚えよう


 

まずは動画を見てイメージしてください。

 

 

何となくイメージ出来ましたか!?

最初はR面対して慣れていないので恐怖を感じますが、慣れてくれば簡単にできるようになります。

 

メイクにかかる時間は1時間ほどかと思います。

パンピングとは?

動画を見て分かると思いますがパンピングとは「R面を使って加速する」ことをパンピングと呼びます。

動画はメインスタンスでR面に入り、後ろ向き(フェイキー)で戻る。この繰り返しです。ブランコのイメージを持つと良いです。

 

この練習方法が一番最短でメイク出来る方法かと思います。

パンピングとブランコは同じ原理

皆さんブランコで加速していく時を想像してみて下さい。

 

  • 前に進む時の加速

後ろ側に力を加え前に進み、頂点の位置で力を抜き、前側に力を加え後ろに下がっていく

  • 後ろに進む時の加速

前側に力を加え、頂点の位置で力を抜き、後ろ側に力を加え前に進む

 

上記の通り、多くの人がブランコでこのように加速しているはずです。

 

パンピングも全く同じ原理です。※スケボーの場合は不安定な板の上に立っている状態なので難しいだけ。

パンピングで一番大事なことが「重心と膝を使うタイミング」です。

 

ランプの場合R面なので、少し重心がずれてしまうと大転倒に繋がります。R面に対して直角の位置に重心を置くように心掛けましょう。

膝を使うタイミングも大事で、タイミングがずれると逆にスピードが落ちるなんて事もあります。この膝を使うタイミングはあとで説明します。

加速ポイントは1往復で4回ある

上記でブランコの加速を説明しましたが、ランプの加速方法も同様です。

ランプの加速ポイントは下記の通りです。

 

  • メインスタンスでの加速ポイント

Rにエントリーする時、膝を曲げ低い姿勢でエントリーする/
R面に入ったら膝を伸し加速する/頂点まできたら膝を曲げる/Rを降りる時、膝を伸ばし加速する。

  • フェイキースタンスの場合も加速ポイントは同じです。

 

上記の通りです。ミニランプなどは膝の動きが早くなるので逆に難しいです。

このとき大事なのが「重心は絶対にR面に対して直角である」ことです。すこし重心がずれるだけで転倒してしまいます。

最近はランプの低い所で加速のコツを掴むと安全です。

加速が出来ない人の理由


 

何回やってもパンピングで加速できない人もいます。

ぶっちゃけスキルの差じゃなくて度胸の差かと思います。

フェイキーになると失速する

実際に僕がそうだったんですが、メインスタンスは上手く加速出来るのにフェイキーになると失速してしまう。

多分経験ある人もいると思います。理由は単純にフェイキーで滑ることに慣れていないから怖い。

 

フェイキー加速ポイントでも怖いから膝が棒立になる。僕はこんな感じでした。

結局失速してなんだこれ?みたいなダサい感じになります笑

 

結局この恐怖を乗り越えるには、滑りまくる。なんか根性論になってしまいますが、これしかないです笑 滑りまくれば誰でも絶対に出来るようになれます。

なるべく人の少ない時間に練習しよう

 

スケーターは上手い人と滑って上達しよう!って良く聞きますが、僕もそう思います。しかし!しかし!限度があります笑

 

皆が上級者の中、1人だパンピングの練習できる勇気ありますか!?笑

上級者の人もアドバイスの仕様がないと思います笑

 

なので最初は、一人でコソ練をオススメします。

早い時間が狙い目

これはスケートパークにもよりますが、比較的早い時間に行けば貸切状態で使えたりします。

スケーターが集まる時間は夕方から夜にかけて集まる傾向にあります。理由は分かりませんが、二日酔いでダウンしてるんですかね笑

 

早い時間は初心者の人が多く集まるので、そこで一緒に滑ったり出来れば凄く楽しいですね!

やっぱり自分と同じレベルの人と滑るのが一番楽しいです。

まとめ:パンピングは全てのランプトリックの基礎


 

ここまで読んでくれてありがとうございます。そろそろ最後にします。

 

パンピングはランプトリック全ての基礎です。ターンするにもパンピングです。

上級者はパンピングが圧倒的に上手いです。

 

パンピングが上手い=板に乗れてる。

板に乗れてる人は、怪我をしにくいor新しいトリックをすぐにメイクできます。板に乗る基礎感覚が優れているからです。

 

初心者の人も繰り返しパンピングを練習して、板に乗る基礎感覚を高めていきましょう。

それでは良いスケートライフを!




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です