意外と簡単!b/sロックンロール メイクのコツを公開




インターフェイキーテールロックなど基本のトリックを出来るようになったら次のステップ、ロックンロールをメイクしよう!

ロックロールは応用トリックだが見た目より簡単なトリックで、正しい練習方法やコツを掴めば1時間程でメイク出来るトリックです。(個人差はある)

スタイルが出やすいトリックでプロでも頻繁に使われているので絶対にメイクしておきましょう!
何回練習してもメイク出来ない人でも一つ一つの動きを分析していけば必ずメイク出来るようになります!!


b/sロックンロールとは?

b/sロックンロールとはインターフェイキーと似ていて、コーピングにデッキの腹をかけてフェイキーで降りるインターフェイキーに対しコーピングにデッキをかけて180度回してメインスタンスで降りるトリックをロックンロールと言います。

b/s(バックサイド)は自分のお腹側に180度回す。
f/s(フロントサイド)は自分の背中側に180度回すことを言い着地地点が見えにくいf/sのほうが難易度が高いです。b/sを先にメイクすることをお勧めします。

ロックンロールは特にスタイルの出るトリックで、バーチカル(Rの角度が90度)は難易度が高く成功すると滅茶苦茶かっこ良いです。メイクするだけではなく自分のスタイルを見つけ格好良さを追求しよう!!

ロックンロールのコツ

まずコバヤシが参考にた動画を見てみよう!

b/sロックンロールのコツ
  • インターフェイキーと同じようにデッキを真っ直ぐロックする
  • デッキをロックすると同時に回転方向に上半身を捻る
  • 目線を着地地点に送りテールをしっかり踏む
  • ここまで出来ればアウトは板が付いてくる
  • インターフェイキーと同じようにデッキを真っ直ぐロックする

    ロックンロールで回転する事を意識し過ぎてデッキを回転方向斜めにロックしてしまう人を良く見ます。
    斜めにロックする事で大勢が不安定になりデッキがグラグラしてしまいメイクは出来ません。

    斜めにロックするトリックはボードスライドと言い中級者のレベルのトリックなのでここでは必要無いです。安定したロックンロールをメイクするには、デッキを真っ直ぐにして前足でしっかりロックすることです。体勢も安定して次の動作が楽になります。

    デッキをロックすると同時に回転方向に上半身を捻る

    デッキをロックしたと同時に180度回転するために上半身を先行して捻りましょう。
    この時デッキは真っ直ぐにし前足でがっちり踏んでおきましょう。

    この上半身を捻る動作が非常に重要で自分が思ってる以上に捻ると思います。デッキをロックしたら上半身だけ後ろを向くくらいの気持ちで良いです!!最初は怖くて後ろを向けないので何回もやって少しずつ範囲を広げて行きましょう。

    目線を着地地点に送りテールをしっかり踏み込む

    デッキをロックして上半身を捻ってあげたら目線を着地地点に送りましょう。ここが凄く重要です。
    理由は、目線を着地地点に送るには十分上半身を捻ってあげないと見えないとで上半身の動きが良くなることが一つ。
    もう一つは、アウトがしやすくなることとアウト時の怖さが薄れます。

    そしてテールをしっかり踏むことです。インターフェイキーに比べてアウト時に回転が入るのでその分強くテールをふんであげる必要があります。

    最後に

    ロックンロール客観的に見てスタイルの出るトリックで、中級者〜上級者まで広く使われているトリックです。コバヤシもスケートパークに行くと良く使うトリックです。

    ロックンロールはメイクしてからスタイルを出すまでが難しいトリックなので、メイク出来てからもよりかっこよさを追求して行きましょう!!





    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です