パワースライドのやり方とコツを解説。[スケボー]




こんにちは。コバです。

パワースライドは、ブレーキの他にスライド系の基礎となるトリックです。

 

ウィールをスライドさせてる独特の音がスケーターには大人気です。またスタイリッシュでカッコ良いトリックなのでしっかり身につけましょう。

 

記事では「パワースライドのやり方とコツ」「出来ない原因」ここにフォーカスしていきます。



パワースライドのやり方とコツ


まず僕が参考にした動画を見て見ましょう。

 

イメージ出来たでしょうか?最初は恐怖を感じると思いますが、慣れてしまえば割と簡単に出来ると思います。

パワースライドメイクのコツは、スピード+先行動作+重心です。それぞれ説明していきます。

 

スタンスとスピード

パワースライドはスタンスを広く取ると安定します。軸足は前足となります。

 

スタンスは、後ろ脚をテールの先端に置き、前足をビスの真ん中に置きます。

 

パワースライドをやるには、ある程度のスピードが必要です。※スピードがないとターンになってしまう。

僕の場合ビビりなので低速で練習していたが、デッキが90度回転しないで無様な姿でした笑

 

勇気を持ってスピードを出してトライしましょう。

重心と先行動作

デッキを90度回転させるには、先行動作が必要です。

先行動作の順番が下記です。

 

進行方向に上半身を開く→重心を下げる→開いた上半身を戻すor伸び上がるor後ろ足でデッキを押し出す。

 

上記の流れです。

スライド状態をキープするには、重心が凄く大切です。パワースライドが出来ない人の多くが、重心の位置が悪い傾向にあります。

 

重心の位置はデッキの真ん中がベストですが、大体の人がデッキより重心が前に行くので、気持ちデッキより後ろに残す事を心掛けましょう。

 



良くある失敗例


パワースライドで良くある失敗。

  • 重心が位置が悪いorスピードがない
  • ソフトウィールを使っている

 

上記をそれぞれ説明していきます。

重心の位置が悪いorスピードがない

デッキをスライドさせた後、重心がデッキ中心に来ていないと、吹っ飛びます笑

 

デッキ後方に重心があると後ろに身体ごと飛びます。

デッキより前方に重心があると前に身体ごと飛びます。

 

ぶっちゃけ殆どが、デッキより前方に重心がある失敗なので対策としては「スライドした時に気持ち後ろに重心を置く」これを意識するとデッキの中心に重心がきます。

 

次にスピードが無さすぎてターンになってしまう失敗です。

これは僕自身やっていた失敗なので気持ちはよくわかります笑

 

対策としては、ビビらずにプッシュしましょう!笑

根性論ですがこれしかないかと笑

 

ソフトウィールを使っている

ソフトウィール、ハードウィールの違いを分かっていない人が割と多いです。

ソフトウィールでパワースライドは難易度がかなり上がるので、ハードウィールに変えましょう。

 

※ソフトウィールはゴム素材なので摩擦抵抗が強くスライドしません。

 

まとめ


パワースライドで大事なこと。

スタンスを広く取る→スピード→重心or先行動作です。この中で最も大事なことが重心です。

重心は常にデッキの中心に置く。そして上記のことを守れば必ずメイクできます。

 

最後に。

ソフトウィールを使ってパワースライドを練習している人は、ハードウィールに変えましょう。

ソフトウィールでパワースライド=ウィールの消耗が激しい+難しいです。良いことはないのでハードウィールに変えましょう。

 




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です