スケートボードはオーリーが出来なくても最高にかっこ良いスタイルが出せるんだよ!




どもー!
コバヤシでーす!今回の記事、スケボーはオーリーが出来なくて下手でも最高にカッケースタイル出せるんだぞって事を伝えたくて書きました!コバヤシは大して上手くはないが滑ってる時は誰よりもたのしんでるぜ?

スケボーの代表的な技オーリーの先入観


スケボーを前に少しだけやっていたと言う人をたまに見かけます。
何故辞めたのか聞くと8割オーリーが出来なくて挫折したと言う答えです!初心者の殆どの人がスケボー=オーリー。オーリーが出来なきゃ[スケートパークにも行っても何も出来ない]オーリーが出来るようになったらスケートパークに行こう!こんな感じに思っているのでは無いでしょうか?

オーリーは何年も色々なスポットや滑り方をしながら完成していく奥深い技です。それをスケボー初心者の人が猛練習しても出来るはずがありません!逆に何回もやってる内に心が折れてスケボーの魅力を知る前に辞めてしまうのです。
最初はとにかく板に乗る感覚を研ぎ澄ますこと!とにかく好き放題滑りまくれば感覚は研ぎ澄ませる 友達と道路をクルージングしたり、坂道を下ったりしてると段々と板に乗れて操れる様になってきます。そうなったらもうスケボー最高!状態なってるからドンドン上達していきますよ!

スケボーの魅力3

技を成功出来た時の達成感

スケボーは一つ一つの技を習得するのにとても時間が掛かります!コバヤシなんてプッシュで自由に移動出来るようになるまでに1ヶ月くらいかかりましたよ笑 今では縦コーンを飛べるくらいになりましたが飛べるまでに2年かかりました。初めてオーリーをやった時なんて板も弾くことができず何度も転倒していました。何回も何回もチャレンジして成功した時の嬉しさマジやばいよ!それを味わったスケーターは毎日滑りたくてしょうがない衝動にかられますよ!笑

滑りスピードと緊張感で生きてる実感を感じる

スケボーでダウンヒル[坂道]や舗装された道路を思いっきりプッシュしてスピードを感じてる時の感覚はドキドキの中にワクワクがあり上手く表現できないんですけど非日常を味わう事ができます!この感覚がまた中毒性があり危険だけどやりたくなるんです笑 ただ初心者の人がダウンヒルをやると本当に大怪我をするのでやめましょう。せめてパワースライド[ブレーキ]を覚えて緩いところから滑りましょう。

発想能力が高まる

スケボーはスポーツではなく遊びだと言われてきました。最近ではオリンピック競技になりスポーツ化して来ていますが。スケボーにはルールがなく自分で遊び方を考えてそれぞれの滑り方で滑ります。それをスケボー界ではスタイルと呼ばれていてスケボーパークではそれぞれのスタイルを見せ合い遊んでます。
このスケボーで染み付いた発想力は日常でも現れスケボーにはDIY精神[自分で考えてやる]精神を持っている人が多いんです。

得意なジャンルを伸ばす

スケボーには大きく分けて3つジャンルがあります。

  • ストリートスタイル

  • 名の通り街中にあるステア[階段]、段差、縁石などを使用して滑るスタイル。
    スケートパークの多くがストリートセクション構造になっています。
    一般的に知られているスケボージャンルです。

  • バーティカルスタイル

  • 人工的に作られたお椀型のR面をターンしたりジャンプしたりするスタイルです。
    スケボーをやってない人にはあまり知られていないが一番ダイナミックで華のあるジャンルです!

  • フリースタイル

  • 平で路面の良い場所で技を競うスタイルです。
    個人的には一番繊細で難しいが怪我をしないスタイルだと思う。

    コバヤシはスケボーを初めて最初の半年は友達と3人で路面の良い駐車場で滑っていました。最近はどんどん上達していき[プロになれるんじゃないか?]なんて話をしていましたね笑
    そして誰もが通る道オーリーの壁にぶつかりました!
    滑りに行くとイライラしながらオーリーの練習ばかりしていました。段々とスケボーが楽しく無くなっていき友達もコバヤシも滑らなくなりました。

    しばらくして車で30分くらいの所に室内スケートパークがあることをしりました。
    友達に伝えた所一回行ってみよう!と言う事で3人で行って見ました。
    スケートパークに入ってみると音楽爆音で流し初めてみるバーティカルセクションのパークとスケーターのレベルの高さに圧倒されたのを覚えています。
    イケイケの店長が話しかけてきました[初めましてー適当に滑ってよーお金はいらないからー]みたいな感じでコバヤシも笑ってしまいました。
    このパークとの出会いのおかげでスケボーの魅力を知ることが出来ました。
    FE532E1B-F062-41B0-B5DC-638E2F7A86A8
    バーティカルセクションを滑っているのはコバヤシです。
    オーリーでつまずいて一回スケボーをやめたが自分に向いているジャンルを知りどんどん上達していき今では苦手だったオーリーも立てコーン[60センチ]を超えられる様になりました!オーリーでつまずいている人も遊び方は無限にあります。一回オーリーをの練習をやめ自分に向いているジャンルを見つけそこを伸ばす様にしましょう!

    まとめ

  • オーリーの練習だけをするんじゃなくて滑りにきたついでにオーリーもやるってスタイルにする
  • 自分の得意なジャンルを見つけよう!
  • 色々なスケートパークに行ってローカルの遊び方を真似しよう
  • たまには休もう
  • これをすれば今のスケボーライフは大きく変わりますよ!




    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です