意外と簡単!誰でも出来るテールロックの練習方!




テールロックとはドロップイン、インターフェイキーの次に覚える技です。
フェイキーで勢い良くRに突入するので一見[怖い、難しい]様に見えますが難易度としては低く誰でもメイク出来ます。

ここではドロップイン、インターフェイキーをメイクしたんだけどテールロックが上手くいかない。またはコーピングまで登れないテールをロックするのが怖い。

この様な人がテールロックをメイク出来るようにまとめた記事になっています!!


テールロックとは

まずコバヤシが参考にした動画を見ましょう!

  • フェイキーでR面を登りコーピングにテールをロックする
  • 体制を整えたり大きなトリックを出す前に使われる基礎トリック
  • テールロックをメイクすればランプで長く滑れるので必ずメイクしよう
  • フェイキーでコーピングまで届かない!!この失敗が多く見られます。
    理由は、自分だけジャンプして板が付いてきていない。フェイキーでR加速するには上にジャンプするんじゃなくて、板が進んでいる方向に力を加えてあげる。

    難易度の高い技をすると態勢が不安定になりますよね?そんな時に体制を立て直す為に使われたり、大技を出す前に一呼吸置くために使われます!

    最初の頃はドロップイン、インターフェイキー、終わり!!って感じになっちゃいますよね笑
    一緒にランプをやっている人が多いと、やっと順番が回ってきて1往復で終わっていたら恥ずかしいし練習になりませんよね笑
    テールロックを覚えればドロップイン→インターフェイキー→テールロックこんな流れで長く滑れますよ。

    テールロックの練習方法

    練習方法
  • テールロックする感覚をRの低い所で覚える
  • フェイキーで真っ直ぐにRに入れる様インターフェイキーを安定させる
  • フェイキーでRを登る加速力を付ける
  • テールロックする感覚をRの低い所で覚える

    テールロックで一番恐怖を感じるポイントはコーピングにテールをロックする時です。
    見ていると簡単そうに見えますが実際やってみるとスピードが早くタイミングを合わせる事が難しいです。
    R面で踏んでしまっても後ろから転倒しますし、遅くてもウィールがコーピングを乗り上げてしまい危険です。

    なので最初はドロップインから始めないで、下の低い所でテールを踏みロックの感覚を掴み段々と高さを上げていきましょう。
    ここで注意!低いR面でテールを踏みすぎると転んでしまうので一瞬踏むくらいにしておきましょう。

    真っ直ぐRに入れる様インターフェイキーを安定させる

    テールロックを安定してメイクするにはRに真っ直ぐ入る事です。
    斜めに入るとコーピングに上手くロックできず怪我に繋がります。

    真っ直ぐ入るにはインターフェイキーを安定してアウトする事が大事です。
    インターフェイキーが安定していないと着地した時に横にぶれたり失速してテールロックまで繋げる事が出来ません。インターフェイキーを安定してメイク出来る様意識しながらテールロックと並行して練習しましょう!

    フェイキーでRを登る加速力を付ける

    フェイキーでR面を加速出来ないとコーピングまで届かずテールロックは出来ません。
    メインスタンスなら加速出来るのにフェイキーなると失速してしまう人を良く見かけます。
    メインスタンスで加速する時は後ろ足を支点に板の進行方向へまくり上げ加速しますよね?分かりずらかったらごめんなさい笑
    フェイキーの場合は逆の事をやるだけで、R面に入ったら前足を支点に板の進行方向へまくりあげ加速します。

    言葉でいうと難しいんですけど、実際そんなに難しくなく直感で出来ます。
    この加速を覚えればインターフェイキーで失速してもコーピングまでテールをロックさせる事が出来ます。

    最後に

    テールロックは見た目程難しい技じゃありません!誰でも順序良く練習すれば怪我のリスクも低くメイク出来ます!

    では皆さんスケートライフを楽しみましょう!!




    関連コンテンツ(一部広告あり)



    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です