大型トラック 仮免試験の内容とコツを公開!




どもどもー!コバヤシですー!
先週大型免許の仮免試験受けて合格したので試験内容、運転のコツを公開しちゃいます!!

大型免許を取ろうと考えてる人や現在教習に通っていて[仮免に受かるか不安]この様な人の参考になりたいと思い記事を書きました!

現在教習所で使われているトラックは10トン車で全長10.9メートル、トラックの中で一番大きなサイズが使われています。このサイズを扱うのは難しく試験に落ちる人も多々います。なので記事に書いてあるポイントを把握して合格率を上げましょう!


仮免試験 気おつけるポイント

路端停止のコツ

  • ミラーで安全確認し、左に合図を出し、エンジンブレーキで速度を落としていく
  • ミラーで距離を確かめつつ、早めから軽い力でブレーキを掛ける
  • ブレーキで微調整し、出来るだけ弱いブレーキで停止する
  • オーバーハングに注意
  • 路端に車体を停止させた後、出発する時にハンドルを右に回しすぎると左リアをぶつけてしまいます。(オーバーハング)出発時はサイドミラーで左リアを確認しながらゆっくりとハンドルを回しましょう!

    坂道発進のコツ

  • ギアをセカンドに入れ、サイドブレーキを確実にかける
  • 後方確認をしてゆっくりブレーキペダルを離し、アクセルペダルを軽く踏む
  • 半クラッチにして、サイドブレーキを解除して発進する
  • 坂道発進の手順は普通にやれば簡単に出来ますが、実際大きいトラックに乗り坂道で止まると(発進時エンストしてしまうんじゃないか?)不安になってしまい失敗する例も少なくありません。
    冷静に手順通りやれば普通に出来ますのでとにかく焦らずゆっくり行う事です!

    方向転換バックのコツ

  • 運転席とタイヤの位置を確認理解しておこう
  • シートベルトを外して動きやすくしよう
  • 普通車と同じく最初は内側ギリギリに寄せます。
    その際反対側がぶつからないように注意しましょう!動作をゆっくり行う事が大事です。
    後ろタイヤがカーブを抜ける少し前にハンドルを前回に回しましょう。
    次に車体を真っ直ぐにして試験ではポールに0.5メートル以内に止めます。
    ここで失敗する人が多いので気おつけましょう!

    S字クランクのコツ

  • ミラーギリギリで走行していれば脱輪はしない
  • 半クラッチで走行し,とにかくゆっくり走行する
  • 試験では脱輪したら即終了なので特に注意しましょう。
    脱輪しないようミラーで後ろタイヤばかり確認しているとミラーをポールに当ててしまうので、後ろタイヤよりミラーをポールギリギリにして走行しましょう!
    S文クランクの設計上これで絶対脱輪はしません。
    そしてすぐに止まれる速度にしましょう。幅に余裕がないので少し行き過ぎると脱輪もしくはミラーが当たりますよ!

    難関あい路

  • 目的の場所を確認して進入するラインをイメージする
  • 前輪が停止する線を超えたらハンドルを全開に回す
  • 後輪が収まるのをミラーで確認する
  • 進入する前にラインをイメージして、前輪が停止するラインを過ぎたらハンドルを全開に回し後輪の位置が線の真ん中に収まるようにハンドルをコントロールします!

    あい路は仮免試験で一番難しいです。しかし教習所は毎回同じ形なので一回タイミングを掴めば簡単に出来ますよ!

    合格基準

    最初の持ち点は100点で大型、中型は走行し終わるまでに60点残っていれば合格となります。

    減点対象

  • 脱輪もしくは審査員にブレーキを踏まれた時点で不合格です
  • カーブを速いスピードで曲がったり危険行為をすると20点減点されます
  • 確認を忘れたり片手でハンドルを回したりすると10点減点されます
  • 右左折時寄せが甘いのと大回りすると5点の減点になります
  • まとめ

    紹介した6つのポイントをしっかり頭に入れ意識して練習すること。
    一発試験終了行為を絶対やらない事!
    そんなに難しい試験ではないのでリラックスして落ち着いて臨みましょう!






    関連コンテンツ(一部広告あり)



    2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です