[転職を考えてる人へ] トラックドライバーのメリット、デメリットを伝えます。




コバ
こんにちは!コバです!@KTSqFzOztLZidxp

 

2代目パチエモン
  • トラックドライバーに転職したいんだけど中々一歩が踏み出せない、、、
  • トラックドライバーのメリット、デメリットとか知りたいなぁ

 

記事では、こんな悩みを解決出来ますよ。

何故なら、現役トラックドライバーの僕が普段感じているメリット、デメリットを包み隠さず伝えているからです。

 

こんな事が分かります!

  • トラックドライバーのメリット4
  • トラックドライバーのデメリット3

 

この記事を読み終えた後は、トラックドライバーのメリット、デメリットが理解できるので転職の役に立ちますよ!

トラックドライバーのメリット


僕が実際運転していて感じたメリットは下記です。

 

  • 基本1人なので人間関係が楽すぎる
  • 色々な土地にいける(旅感覚)
  • 仕事内容がシンプルで覚えやすい
  • 安定して仕事がある

 

上記の4つです。それぞれ解説していきますね!

 

基本1人なので人間関係が楽すぎる

皆さんトラックドライバーに転職したい理由は「1人でのんびり仕事ができる」ではないでしょうか?

僕もそうでした!答えはyesです。

トラックドライバーは1日の8割1人の時間です。(残りの2割は積み込みなど、、)

サラリーマンのように嫌な上司と我慢して仕事するなんてオ・サ・ラ・バです笑

運転中はコーヒーを飲みながら優雅に音楽を聴いていても誰にも怒られません。しかも!それが1日の8割ですよ。

これが僕的には一番なメリットですね。

 

色々な土地に行ける(旅感覚)

毎日家と会社の往復。これが社会人では普通ですよね。

しかしトラックドライバーは、県外など普段中々行けない所を走るので旅を楽しんでる感覚ですね笑

初めて行く途中ってドキドキするけどワクワクしませんか?そんな感じです笑

毎日新しい光景なので新鮮で毎日楽しいですね!その場所も名産物も食べられるメリットもあります。

 

仕事内容がシンプルで覚えやすい

トラックドライバーは「荷物を積んで運んで下す」だけなのでシンプルで覚えやすい仕事です。

最初は「トラックの運転」「積み込み方」「地理」を覚えるのは大変ですが、大体1年もやれば覚えられます。

職人やIT関係の仕事に比べて簡単な仕事と言えます。

 

安定して仕事がある

荷物を届ける人がいないと世の中成り立たちませんよね?

その荷物を僕達トラックドライバーが運んでいる訳です(当たり前ですみません笑)

世の中の仕事は余程不景気にならないかぎり我々トラックドライバーの仕事はつきません。

そう言った意味では安定した職業と言えます。繁忙期は恐ろしいほどの仕事量になりますが、、、笑

 



トラックドライバーのデメリット


僕が実際運転していて感じたデメリットは下記です。

  • 拘束時間が長い、長すぎる!
  • リスクが大きい
  • 腰が破壊される

上記の3つです。それぞれ解説していきます。

 

拘束時間が長すぎる

トラックドライバーはとにかく拘束時間が長いです。家より確実にトラックの中にいる時間が長いです笑

トラックドライバーの1日をザックリ振り分けるとこんな感じです。

 

  • 積み下ろし3時間
  • 運転8時間
  • 待機時間2時間

 

ざっくりですけど通常でこんな感じです。13時間拘束って普通に長すぎですよね笑

暗い中出勤して暗い中帰ってくるイメージです笑

そして繁忙期になると大変な事になります、、、そこは想像に任せます、、、

トラックドライバーをやっていて一番のデメリットが拘束時間の長さです。

 

リスクが大きい

トラックドライバーは色々なリスクを背負って運転しています。

「人身事故」「荷物の破損」「車体の破損」主にこの3つです。

トラックはサイズが大きいので法律では弱い立場にあります。

相手が悪くてもトラックドライバーの責任になることが多々あります。

そして相手に大怪我を負わせる可能性も極めて高いです。

道の狭い所や、初めて行く土地などは神経を研ぎ澄まし運転しているわけです。

このリスキーな部分が僕的にはデメリットかと思います。

 

腰が破壊される

ちょっとオーバーに書いて見たんですが事実です笑

トラックドライバーで年配の人は大概腰が悪いです。

理由は長時間の運転、手積み手下ろしが原因です。

腰痛対策はちゃんとありますが、対策をきちんと行わないドライバーが大半です。

そのような人がギックリ腰になったり腰痛持ちになっています。

 

トラックドライバーの「腰痛」を改善させる4つの習慣を紹介します。

2020年3月17日

 

まとめ

 

最後にもう一度記事を再確認します。

 

トラックドライバーのメリット

  • 基本1人なので人間関係が楽
  • 色々な土地に行ける
  • 仕事内容がシンプルで覚えやすい
  • 安定して仕事がある

トラックドライバーのデメリット

  • 拘束時間が長すぎる
  • リスクが大きい
  • 腰が破壊される

 

トラックドライバーのメリット、デメリットが分かったと思います!総合的に楽な仕事ではありませんが、一度経験してみるのもありかと思います!

 




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です