草津温泉の穴場スポットを紹介します。




極楽館

湯畑から西の河原公園へと至るメインストリートお土産屋さんやお饅頭さんなど常に賑やかな人通り極楽館はその中心に位置します。
1925年当館先代がこの地に源泉を見つけ、西の河原の入り口に位置することから、屋号を極楽館、源泉を大日の湯とし湯宿を始めました。
一階にはオープンカフェと立ち寄り湯が楽しめるカフェスパノイエポストお泊りのお客様のレセプションはこちらです。二階にはカジュアルレストラン、ノイエポストダイニングお泊りのお客様は館内からスリッパのままご利用できます。三階が客室階となり、純和室部屋でゆっくりおくつろぎ出来ます。

こちらが一つ目の穴場スポットです。



別館綿

源泉掛け流しの宿 綿の湯とは
草津温泉には綿の湯と伝う源泉の温泉が在ります。
その湯は真綿の様な乳白色に染まる柔らかく優しいお湯です。その綿の湯に包まれると、身も心も芯まで温まり、癒されます。
宿の名称、綿の湯は、片岡鶴太郎に命名してもらいました。
客室は全部屋禁煙で快適な空間で過ごせます。

お食事処

ラウンジ

こちらが二つ目の穴場スポットです。


千福の湯

千代の湯は、敷地内の源泉から湧き出る、約66度の豊富なお湯をそのまま掛け流しています。温泉を楽しむ頃には、約42度の丁度良い湯加減になっております。美容効果、薬効果があるとされる贅沢な掛け流し温泉で、溜まった疲れを癒してくれますよ。
千福の湯

薬師の湯

この2つの風呂に入ることが出来ます。
これが草津の穴場スポット3つです。草津に行った時は是非立ち入ってみましょう。




関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です