リゾートバイトに学歴は関係ない話。「中卒でも採用されます」




パチ太君
  • リゾートバイトをしたいけど、中卒でも採用されるのかなぁ。
  • 学歴によって時給の差はあるのかなぁ。

 

上記の悩みに答えます。

 

記事の内容

  • リゾートバイトに学歴が関係ない理由3つ
  • 学歴で時給の差がでない理由

 

記事を書いている僕は「中卒」で過去に「北海道、長野」のリゾートバイトを経験しているので、記事の信憑性は高いですよ。

 

結論からいうと、派遣会社が重要視することは「学歴」ではなく「経験」です。記事で解説していきますね。※3分ほどで読み終わります。

 

リゾートバイトに学歴は関係ない話

リゾートバイトは、学歴関係なく採用されます。中には「スキル必要」な職種もあります。

 

派遣会社が重要視するのは「経験」です

 

派遣会社は「仕事経験」を重視します。過去に様々な「バイト、仕事」経験があれば評価は上がります。

 

なぜなら、バイト経験が豊富なら「どの仕事もしっかりできる」からです。面接の時は、過去のバイト経験を詳しく聞かれますよ。逆に学歴なんて、派遣の仕事には関係ないので聞かれません。

 

  • 中卒だけど、様々なバイトを経験している
  • 高卒だけど、長い間ニートでバイト経験も少ない

 

上記だと「前者」の方が採用される確率は高いです。後者は「高卒だけど、バイト経験少ないし信用できない」という感じで採用される確率は低いです。

 

とはいえ、10代の人は当然バイト経験が少ないと思いますが、周りを見ると「10代」も多かったので普通に採用されると思います。

 

リゾバは基本「単調」作業だけど、中にはスキル必要な職種もある

 

リゾートバイトは「単調」誰でもできる仕事が多いんですが、中にはスキル必要な職種もあります。

 

例えば下記

  • 英語を必要とする「ホテル、旅館」のフロント
  • スキー場のパトロール(滑りの技術が必要)
  • インストラクターの仕事(資格が必要)

 

上記のような職種は「スキルがないと採用されない」バイトです。こう言った職種は時給が高いですね。

 

高時給で働きたかったら、まずは働きながらスキルを磨くことです。

 

  • スキーのインストラクターになりたかったら

スキー場でバイトをして、お金を稼ぎつつ技術を磨く

 

大事なのは「なりたい職種に近いバイトを選ぶ」ということです。結果、お金を稼ぎながらスキルを磨けます。

 

リゾートバイトのメリット、デメリットを解説します。「稼げる場所も解説」

2020年5月12日

リゾートバイトを楽しみたい人は「単調」なバイトがおすすめ

 

単調なバイトは、人が多くワイワイ楽しくやってるイメージを持つと良いです。逆にスキル職種は「重要なバイト」である為、わりと厳しいです。

 

スキー場で例えます。スキー場のパトロールとかって人の命を助けるわけです。とうぜん訓練も厳しいし、職場も緊張感があります。「遊び感覚でリゾートバイトに来た」こんな人には向きません。

 

リゾートバイトの一般バイトは、わりと緩くて誰でもできます。そして、遊び感覚でやっている人が多いです。リゾートバイトを楽しみたい人に向いています。

 

スキル必要な職種は「なにか夢を持っていてそれを学びに行く」こんな人に向いています。

 



学歴で時給に差はでるの?

結論から言うと、学歴で時給の差は出ません。しかし時給を上げる方法はあります。

 

派遣会社によって時給の差はでる

 

選ぶ派遣会社によって時給の差がでますので「必ず大手の派遣会社」を選ぶこと。

 

なぜなら「同じ場所、同じ作業内容、時間」でも実際に時給の差が出ていたからです。

 

  • 僕が登録した派遣会社→時給950円
  • 知人が登録した派遣会社→時給850円

 

これは北海道でリゾートバイトをしているとき実際合ったことです。同じ場所、作業なのに毎日400円も差は出てくるんです。マイナーな派遣会社を選ぶと、こんなことが起きますよ。

 

時給を上げるには、信頼を作ること

 

真面目に業務をこなしていると「派遣会社の信頼」が上がり時給が上がりますよ。さらに、派遣先の信頼を得ると「直接雇用」になり、時給アップ+社会保険に加入してもらえます。

 

じっさい僕は、スキー場を1シーズンまじめに頑張ったら「スキー場から直接雇用」にさせてもらい、時給アップ+社会保険をつけてもらいました。

 

リゾートバイトで稼ぐには「まず信頼を作ること」です。結果的に時給も上がり自分にとって良い環境に繋がりますよう。逆に、問題ばかり起こすと契約解除されます。

 

特化したスキルがあれば、さらに時給は上がる

 

上記でも解説しましたが「スキル必要」な職種なら時給が高いです。

 

なぜなら、人材が少ないので貴重だからです。難しい仕事をしているのに時給が安かったら誰もやりませんね。

 

    スキルが必要な職種の例

  • 英語を必要とする「ホテル、旅館」のフロント
  • スキー場のパトロール(滑りの技術が必要)
  • インストラクターの仕事(資格が必要)

 

ぶっちゃけ最初から上記のスキルを持っている人はいないと思います。なので興味があることor好きな事をしながらスキルを学ぶと良いです。

 

例えば、英語を必要とする「フロント業務」をしたかったら「外国人の多いリゾート地」に行って英語を学んでから応募してみるとかです。英語の勉強をしたってぶっちゃけ効率が悪いです。外国人と直接話せば最短で覚えられるかと。

 

「実体験」外国人9割のリゾバで、英語を話せなくても大丈夫?「結論:余裕です」

2020年5月14日

まとめ


ここまで読んでくれてありがとうございます。最後にもう一度記事の再確認をしましょう。

 

  • 派遣会社が重要視するのは「学歴」ではなく「経験値」
  • リゾートバイト中には「特定スキル」がないとできない職種もある
  • リゾートバイトを楽しむなら「単調」な職種がおすすめ
  • 派遣会社によって時給の差はでる
  • 時給を上げるには「信頼」を作ること
  • 特化好きがあれば、さらに時給は上がる

 

リゾートバイトには「学歴」が関係ないことが分かったと思います。じっさい中卒の僕も余裕で採用されてます。最後に、派遣会社は必ず大手を選ぶことです。マイナーな派遣会社だと「時給が安い、対応が悪い」なんてことが起きますからね。








関連コンテンツ(一部広告あり)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です